自分に合ったDVDリッパーを選ぶ

 Linuxは性能の劣るアプリケーションのせいで過小評価されることがあるが、実態はそうではない。たとえば、DVDリッパーを見てみよう。Linuxマシン上で動作するDVDリッパーは非常に多い。あまり多いので、自分にとって最適なものを見極めるのは一苦労だ。

 筆者は、HandBrakeGTK、AcidRip、dvd::rip、Thoggen、VLCという5つのプログラムに対して3つのテストを実施した。最初のテストでは、市販のStar Wars Episode III: Revenge of the Sith DVDから3分間のボーナス機能をリッピングした。2番目のテストでも同じシーンを使用したが、今度はlibdvdcss2(DVD暗号解読プログラム)をインストールしてテストを行った。3番目のテストでは、自分で焼いた暗号化されていないDVDを使用した(Breakdown:長さは約46秒で、the Brickfilmsサイトから入手できる)。テストに使用したプラットフォームは、1GBのRAMを搭載したDell Dimension 4700とKubuntu Gutsy 7.10で、他のプログラムができるだけ動作していない状態でテストを行った。出力は(理想的には)MP4で、H.264圧縮、30フレーム/秒(FPS)である(これをdvd::ripではXvidで、AcidRipではlavcで、ThoggenではOgg Theoraで行っている)。

リッピングパフォーマンス(分:秒)
タイトル \ ツール HandBrake AcidRip dvd::rip Thoggen VLC
Star Wars DVD(暗号化) 2:28 成功せず 成功せず 11:00 成功せず
Star Wars DVD(暗号化、libdvdcss2) 2:42 成功せず 1:13 2:20 VLCにはデフォルトでlibdvdcss2が含まれている
Breakdown(非暗号化) 2:28 0:30 0:52 1:54 0:13