WindowsとLinuxでアーカイブファイルを使用できるPeaZip

 WindowsとLinuxの両方で動作し、グラフィカルインタフェースを備え、オープンソースソフトウェアとしてライセンスされるアーカイブプログラムを探しているなら、すべての条件を満たすものはただ1つ、 PeaZip しかない。PeaZipは、アーカイブ作成、圧縮、暗号化、およびそれに関連する機能を提供する複数のツールのグラフィカルなフロントエンドとして機能するプログラムである。

 LinuxバージョンのPeaZipは、デスクトップ中立である。中立とは、KDE、GNOME、Xfce、あるいはその他のデスクトップやウィンドウマネージャのどれでも利用できるという意味だ。デスクトップとの統合がすべてのケースで機能するわけではないが、PeaZipはfreedesktop.org標準に基づくため、基本機能を使う範囲では問題ない。特別なインストール手順は必要なく、任意のパス(USBメモリステッィクでも構わない)にインストールして使い始めればよい。

 PeaZipダウンロードサイトには、WindowsバージョンとLinuxバージョンがある。Linuxの場合、インストールの手順が少し多いポータブル/スタンドアロンのバージョンと、簡単にインストールできるパッケージ済みのバージョン(debおよびRPM)を選択できる。私はopenSUSEユーザなので、RPMオプションを選択した。ダウンロード後(ファイルサイズは約5.5MBほど)、rootとして「rpm -Uvh peazip_theVersionYouDownloaded.rpm」を実行すると、PeaZipがインストールされ、デスクトップと統合された。

 インストールを自分の手で行いたい場合は、ポータブル/スタンドアロンのバージョンを入手しよう。ダウンロードが完了した後で、ダウンロード先に移動し、次のコマンドをrootで実行する。

tar zxf peazip_theVersionYouDownloaded.tar.gz
mv peazip_theVersionYouDownloaded /usr/bin/peazip
cd /usr/bin/peazip/Freedesktop_integration
cat readme_Linux2.txt

 画面に表示される指示に従って、デスクトップアイコン、メニュー項目などを作成する。この"DIY"方式のインストールを選択すると、場合によってはPeaZipを初めて起動した時点で、PeaZipを正しく実行するために別のライブラリを追加でインストールする必要がある。