Mozillaその他の協力を確保したGNOMEのユーザ補助機能サポート向上プログラム

 近年GNOME Foundationは、障害者ユーザによるコンピュータの利用を支援するためのユーザ補助機能に関心を寄せるようになっている。またMozilla FoundationもGNOMEの審議会に参加することで、GNOMEにおけるWebアクセス機能の向上および同プロジェクトの長期戦略に協力し、XUL開発プラットフォームとGNOMEとの統合促進を支援しつつある。しかしながらより重要な出来事は、GNOME Foundation、Mozilla Foundation、Novell、Google、Canonicalの協同出資により、GNOMEにおけるユーザ補助機能の充実化を目的とした50,000ドル相当の援助プログラムが立ち上げられたことであろう。

 もっともある意味これらのアナウンスは、既に何年も前から行われてきた活動を単に後追い的に公式化しただけのものであるという一面も有している。例えばGNOMEには各種バージョンに対応したOrcaスクリーンリーダなどのユーザ補助機能ツールが取り込み済みであるし、同プロジェクト内部でもユーザ補助機能に関するコミュニティが既に活発な活動を展開している。Orcaの主任開発者を務めているのはSunで働くWillie Walker氏であるが、X Window System関連のユーザ補助機能開発に20年間に渡って携わってきた経験を有す同氏は、現状のGNOMEにおけるユーザ補助機能は「それなりのレベルのソリューション」であると評しつつも、Windowsで利用可能なものに比べるとまだまだ改善の余地が残されていることを認めており、現在これらのツール群は急速な発展をしている段階だとしている。

 一方のMozillaもかねてよりフリーソフトウェアにおけるユーザ補助機能の向上を目的とした助成金提供を行っており、具体的な活動としては、Dojo Ajaxツールキットへの2007年度の助成金提供、色覚異常者の目に映る画面を再現するColorblind Simulator機能拡張というプログラマ用パレットの開発協力、GNOMEで使われるAssistive Technology Service Provider Interface(AT-SPI)の改善、Orcaにおける点字出力など各種の機能向上、同プログラムとAT-SPIとの親和性の改善といったものを挙げることができる。

 双方のプロジェクトはその他にも、Firefox 3におけるユーザ補助機能の実装に関して協力をしている。この件についてWalker氏は「Firefox 2でもユーザ補助機能は利用可能ですが、まだまだ改善の余地が残されていました。Firefox 3では、ユーザ補助機能の充実したWebブラウザとして大幅な前進が果たせています。その開発にあたっては、MozillaとGNOMEの双方のユーザ補助機能チームの間で非常に良好な協力態勢を構築できました」と語っている。

 MozillaのオープンソースエバンジェリストであるChristopher Blizzard氏はこれらのアナウンスについて「過去と将来の双方を見据えた措置だと言えるでしょう。この分野は私たちが過去に力を注いできた領域でありますし、GNOME側も改善の必要性を感じていたものなのです」としている。

 またBlizzard氏は、「今回の出来事は、双方の組織が多くの共通する事柄に関心を寄せていることを改めて確認することにもなりました。Mozillaの関心は主として、規格と情報に誰でも自由にアクセスできるオープンWebに向いており、それをプロプライエタリ系のツールやプラットフォームを介さずに実現することにあります。それらはGNOMEも大きな関心を抱いている事柄でもあるため、双方が共通のビジョンを掲げてインターネットにて本来実現されていて然るべきことを目指すという可能性はかなり大きいのではないでしょうか」と補足している。