エバンジェリストの語るMozillaに秘められたユーザ擁護の“歴史的な好機”

 Linux.comは先日、MozillaエバンジェリストであるChris Blizzard氏にインタビューする機会を得て、Mozillaの過去と現在と未来に関して同氏の抱く考えおよび、FirefoxブラウザとThunderbirdメールクライアントを成功に導いた原動力について話を伺うことができた。

Linux.com:まずはMozillaの誕生とその後の進化につながった起源についてお聞かせください。何が誕生のきっかけとなり、何がその後の成長と発展を進めていったのでしょうか?

Chris Blizzard: 確かに“進化”というのは正鵠を射た表現ですね。Mozillaは誕生してから約10年を迎えていますが、その間に変化と成長をしたのはむしろプロジェクトおよび運営組織の双方であるというのが私の考えです。それは単にテクノロジ的な意味合いだけではなく、自分たちがどのような立場に置かれているのかということと、インターネットのインフラストラクチャに対して我々だけしか成し得ない貢献方法があることに気づいたという意味も含まれています。

Mozilla誕生の背景には、MicrosoftによるWeb市場の独占化を阻止しようとするNetscapeの反動的な意図があったと見て間違いないでしょう。とは言うものの、こうした動きに端を発してその後の10年間にMozillaが達成した発展度合いは、Netscapeが1998年当時に予想していたものを大幅に凌駕したものとなったのではないでしょうか。私たち自身も10年間の発展を通じて何が真に重要であるかが理解できるようになってきたため、その見定める方向も変わってきました。最初は単なる不特定多数の人々が製品開発に利用できるオープンソース系のブラウザ開発プロジェクトであったものが、やがてユーザの権利を擁護するための団体へと進化し、Webを守り育てて行くには革新力が必要であることに気づき、世界を変えられる創造的な活動に直接従事するようになったのです。

私個人の考えとしては、これは1つの歴史的な好機なのだと捉えています。我々は1億人以上のユーザに利用されているグローバルなブランドおよび具体的な製品を擁している訳であり、しかも全世界に広まる数千名規模の貢献者コミュニティによる直接的な協力を得られる非営利目的の団体が、その開発を担っているのですから。そうした背景があってこそ私たちは、優れた製品を生み出すことを目的に夜遅くまで作業にいそしんでいられるのです。

LC:FOSSに対するMozilla独自の理念についてお聞かせください。いわゆる企業文化としてのオープンソース/フリーソフトウェアコミュニティに対する考え方はどのようなものなのでしょう? Mozillaは“オープンソース”企業なのか“フリーソフトウェア”企業なのか、それとも双方の特性を兼ね備えているのでしょうか?

CB:敢えて言うならMozillaの場合は、透明性にまつわる組織の病理を、オープンソースという手法で対処しているというところでしょうか。秘密化は可能な限り避けるというのが、私たちの方針です。情報の公開については、スケジュール、初期デザイン、製品のバグ、リリース時に施したセキュリティ修正などはもとより、今後の市場の動向に対する考えなども含めて、可能な限りオープンにしていくよう努めています。

そうした意味において“オープンソース”企業なのかと問われれば、その答えはYesです。ただしソフトウェアに適用するライセンスは、透明化という概念をより一般化したものとしてありますし、それはMozillaという存在と私たちの活動のごく一部を示すだけのものでしかありません。