LinuxでWebカメラを楽しむ5つの方法

 Linuxで扱えるWebカメラをセットアップした。Kopeteを使ってみたし、MSNとYahoo!で画像も送信してみた。ほかに何ができるか知りたい……。では、こんな楽しみ方はどうだろう。

自分を録画

 Webカメラでのビデオ撮影には、 mencoder を使うのが一番簡単だ。mencoderはVideo4Linuxドライバを使い、Webカメラから入力を受け入れて、非圧縮のAVIファイルに保存する。たとえば、解像度が320x240ピクセルのAVIファイルを作成するには、次のコマンドラインを使う。

mencoder tv:// -tv driver=v4l:width=320:height=240:device=/dev/video0 -nosound -ovc lavc -o wcrecording.avi

 /dev/video0は、使用しているUSB Webカメラのデバイスノードで置き換える。筆者のWebカメラは安物でマイクがないので、-nosoundオプションでオーディオをスキップしている。

 GUIでの録画を望む人は、 Video4Linux Grab を試してみるとよい。これはV4Lを用いて、Webカメラの入力をDivXファイルとXviDファイルにリアルタイムでエンコードする。ほかのビデオ/オーディオコーデックがあれば、そちらを選択して、GUIでアスペクト比を指定してもよい。

ビデオストリームの作成

 Apache Webサーバをインストールしているマシンでは、Webカメラでビデオストリームを作成し、Webページに表示できる。 webcam-server を使うのが最も簡単だろう。Ubuntuでは、「sudo apt-get install webcam-server」でインストールできる。これをバイナリ名(webcam-server)で起動し、ブラウザでhttp://localhost:8888を開いて設定を行う。

 webcam-serverにはストリームの表示モードを変更するオプションがあって、訪問者に多少の追加情報を提供できる。たとえば、「webcam-server -c "%d/%m/%Y %H:%M:%S - serving %%v viewers at %%f FPS"」とすれば、日付、フレームレート、視聴者の人数を表示できる。webcam-serverがリスンするポートは、デフォルトでは8888だが、都合が悪ければ-pオプションで別のポートを指定し、そちらでリスンさせることもできる。ほかにできることとしては、表示画像のフリップ、ガンマレベルの調整、画像キャプチャサイズの設定、キャプションテキストの前景色と背景色の指定などがある。