RippedWireおよびWinFFを用いて行うLinux上でのビデオフォーマット変換

 本サイトではこれまで、ビデオファイルをフリーのOggフォーマットにエンコードないしトランスコードするためのGUIツールとしてOggConvertおよびThoggenを紹介してきた。しかしながらこの種のコーデックとしては、TheoraおよびDirac以外にも多数のオプションが存在している。よって本稿では、DVDのリッピングとコンバージョンに特化した RippedWire および、DVDコンテンツその他ビデオソースのコンバージョンに対応した WinFF という、操作性と品質の両面で優れた2つのユーティリティを紹介することにする。

 これら2つは、どちらもLinux以外のオペレーティングシステムから移植されてきたアプリケーションである。RippedWireの母体であるHandBrakeは当初BeOS用に開発されたもので、その後Mac OS Xにて人気を博したという経緯を有している。一方のWinFFはFFmpegライブラリのフロントエンドであるが、その名が示唆しているように本来はWindows用に開発されたものである。

HandBrakeGTKという名前を併せ持つRippedWire

 2003年にBeOSおよびOS X用のDVD-to-AVIコンバータとしてリリースされたものがHandBrakeであり、そのオフィシャルプロジェクトからはLinux版としてコマンドライン専用バージョンが提供されているが、このコマンドラインバージョンをGTK+によるGUI操作を可能にした上で単独パッケージとしたものがRippedWireである。

rippedwire_thumb.jpg
RippedWire

 同プロジェクトのWebサイトからは現在、最新バージョンである1.0.1がダウンロードできる。このプロジェクトについてはRippedWireおよびHandBrakeGTKという異なる名称で呼ばれることが多々あるが、これは単なる名称上の食い違いであり、人目をはばかる権利問題が背後で生じているという訳ではない。tarボールも.debパッケージも双方の名称のものが入手できる。このパッケージはMonoを使用しているのだが、私がUbuntu Gutsyにインストールを試みた際には、gtk-sharp2-examplesおよびmonodoc-gtk2.0-manualなど多数のMonoパッケージが必要であるとされた(ただし不思議なことに、どちらもこのアプリケーションとはリンクされていない)。

 このアプリケーションを起動するとオプションの大部分はグレー表示されているが、DVDを光学ドライブに挿入するか、マウント後のディスクイメージないしはハードドライブに抽出したコンテンツにあるVIDEO_TSディレクトリをソースとして指定することで、これらのオプションは使用可能となる。

 抽出および変換時に各チャプタを個別にファイル化することも可能で、その際にはファイルタイプとしてMP4、AVI、OGM、MKV、ビデオコーデックとしてMPEG4、H.264、Xvid、オーディオコーデックとしてAAC、AC3、MP3、Vorbisを使用できる。こうしたコンバージョン時には個々の処理内容の詳細を事前に指定しておくことで(例えばチャプタ別設定など)、処理対象をキューに登録してプロセスを自動実行させるということも可能である。

 いずれのコーデックについても詳細な設定オプションが用意されているが、これらを使いこなすにはユーザ側にそれなりの知識がなければならない。そうした知識を有さない、あるいは細かいことは気にしたくないというユーザであっても、このプログラムには17種類の設定がプリセットされているので、クリック1つで適切な設定を呼び出すことができる。プリセットの設定としては、再生用デバイスに特化したもの(iPodかPS3かなど)、ソースとなるメディアに合わせたもの(アニメーションかテレビ画像かなど)、あるいは速度や品質を最優先したものなどが用意されている。

 コンバージョン用のキューを実行させると、ウィンドウ下端のステータスバーに現在処理中の内容、処理の終わったジョブ、個々の処理の予想残り時間が表示されるようになる。