btnxでマウスの有効活用

 Logitech VX Nanoのようなしゃれたマウスに大枚をはたいたときは、当然、誰でも投資に見合うだけのものを得ようとする。つまり、プログラマブルボタンをちゃんと動くようにする。だが、多くのLinuxディストリビューションでは、ほとんどのマウスが一般的なポインティングデバイスとしてしか認識されず、箱から出した状態では、見栄えのいいせっかくのボタン群がどれも動かない。こんなマウスを、万能ツールという本来あるべき姿に変身させるのが、 btnx ユーティリティである。

 btnxは2つに分かれている。1つはbtnxデーモンで、マウスボタンイベントの管理という舞台裏の仕事を引き受ける。もう1つはbtnx-configツールで、こちらはマウスボタンの動作を設定するためのグラフィカルフロントエンドである。btnxのWebサイトには、Ubuntu用とopenSUSE用のパッケージのほか、他のディストリビューション用にソースコードアーカイブが用意されている。パッケージはソースコードアーカイブより半歩遅れていることが多いので、最新バージョンをインストールしたければ、例によって「./configure; make; make install」の手順によらなければならない。

btnx_thumb.png
btnx-config

 マウスの設定には、btnx-configツールを立ち上げる。"Detect mouse & buttons"を押して、マウスとすべてのボタンを確認することから始めよう。btnx-configはボタン検出ウィザードをオープンするので、その指示に従ってマウスボタンの検出とラベル付けを進めていく。この検出手順に難しいところはない。ウィンドウの一番上にあるStartボタンを押してから、あるマウスボタンをクリックしつづけ、Button検出セクションの進捗状況バーが終わりまで行ったら、そのボタンに名前を与えて、Addボタンを押す。他のマウスボタンについてもこの手順を繰り返し、最後にOKを押す。