dvdisasterでCD/DVDのバックアップを守る

 DVD-Rディスクなどの光メディア上にバックアップを保存することには2つの大きな欠点がある。一つにはDVDディスクにはひっかき傷が付きやすいという点、そしてもう一つは一定の期間が経過するとメディア自体が劣化してくるという点だ。ひっかき傷の問題についてはメディアを丁寧に扱うことで対処可能だが、劣化については高価なメディアを使用したとしても時間の経過によって読み取りが不可能になってしまう場合がある。 Dvdisaster は、ひっかき傷や時間が経ったメディアから情報を復旧することを目的とするプロジェクトだ。

 Dvdisasterは、ISOイメージから読み取りエラー訂正情報を含んだファイルを生成する。このファイルはISOイメージと同じDVDに含めても良いし、ISOイメージとは別の他のメディアに保存しておいても良い(ただしエラー訂正情報自体を傷や劣化から保護するために、同じDVDに含める場合には、別に保存しておく場合よりも大きな容量が必要となる)。エラー訂正用ファイルの大きさはデフォルトではISOイメージの約15%で、DVDの場合、通常700メガバイト余りに相当する。古いメディアや傷のあるメディアの情報を復旧させたいとき、Dvdisasterはこのエラー訂正情報を使用して元の情報を復旧する。

 エラー訂正用ファイルをなくしてしまった場合や、メディアが完全に読み取り可能なときにエラー訂正用ファイルを作成しておかなかった場合、Dvdisasterは古いDVDから情報を復旧することはできない。

 Dvdisasterでは、エラー訂正用ファイルの作成と傷付いたDVDからの情報復旧を行なうための、GUIとコマンドラインツールの両方が用意されている。エラー訂正用ファイルを作成するためにはDvdisasterにISOイメージを与える必要があるが、その際にDvdisasterはハードディスク上のISOファイルを使用することもできるし、DVDから直接ISOイメージを読み取ることもできる。DvdisasterがハードディスクからもISOイメージを読むことができるという点は、普段利用しているDVDディスク作成ツールがISOイメージを一旦ハードディスク上に作成する場合には便利かもしれない。DVDが最近作成したもので傷も付いていなければ、メディアからISOイメージを読み取る際にエラーは出ないはずであり、次に示す図のようになるはずだ。

dvdisaster1_thumb.png
Media Scan

 この図からも分かるように、GUIの上部には2つのパスが示されている。左側のパスはISOイメージの保存場所で、右側のパスはエラー訂正用ファイルの保存先だ。どちらにもあらかじめデフォルトのパスが入っている。

 Dvdisasterのユーザインターフェースは初めて使用する場合にはやや直観的ではないという印象を受けた。最初に目につくボタンは右側にあるCreate(作成)ボタンだと思う(というのも、ISOイメージの場所とエラー訂正用ファイルの場所をすでに指定したのだから、あとは選択したDVDドライブのディスクの指定した場所にエラー訂正用ファイルを作成するだけだと考えると思う)のだが、Create(作成)ボタンを押すと、まずISOイメージを読み込む必要があるという内容のエラーが表示された。そこでISOイメージを読み取った後で再びCreate(作成)ボタンを押したところ、エラー訂正用ファイルがちゃんと作成された。

dvdisaster2_thumb.png
Preferences(設定)ウィンドウ

 次の図のようにPreferences(設定)ウィンドウの中では、エラー訂正情報をファイルに保存するのかISOイメージの一部として保存するのかを選んだり、エラー訂正情報を使ってエラーを復旧することのできるレベルを調整したりすることができる。デフォルトではデータ容量の14.3%をエラー訂正情報に使用するようになっている。High(高レベル)をクリックして33.5%に設定したり、Other(その他)を選択して3.2%から64.5%の間で調整することもできる。また選択したエラー訂正容量に対するルート値も表示されている。ルート値というのは、1データブロック内で許容されるエラーの数のことだ。データブロックというのはエラー訂正の基本単位となるもので、ISOイメージ内の複数のセクタから構成される。

 データブロックを構成するセクタは、一ヶ所にまとまらずにメディア全体に均等に分散するように選ばれる。こうすることによって傷によるデータ紛失が起こりにくくなったり、また古いメディアの外側部分が読み取り不可能になり始めた際にDvdisasterが対処できる可能性が高まったりする。エラー訂正情報を直接メディアに含めたい場合、エラー訂正情報の容量などはバイト単位でなくセクタ単位になる。エラー訂正ブロックの作成にはISOイメージ全体に分散している情報が必要なため、エラー訂正用ファイルの作成速度を高めるために、DvdisasterがISOイメージのキャッシュに使用するRAMの容量をメモリ使用量の調節バーで設定することもできる。