Monday, October 3, 2016 5:00AM to 11:00AM (UTC) Schedouled down time to change site domain

行き届いてはいるが影の部分も併せ持つDarkstar Linux

  Darkstar Linux は今年に入って最初にリリースされた定番ディストリビューションの1つだ。Slackwareをベースにしてルーマニアで開発されたこのディストリビューションは今回、DVDイメージで提供されている。デスクトップ向けディストリビューションとして2004年に初めてリリースされたときのことを思えば、多くの面で改善が施され、非常に安定した動作とアプリケーションの幅広さを誇っている。ただ、そこに影を落としているのがハードウェアサポートの弱さだ。

 リリース告知によると、Darkstar 2008.1は新規Linuxユーザ向けのデスクトップ・ディストリビューションとしてデザインされたという。2004年にCD2枚組で初リリースされたものに比べ、今回のリリースには大きな躍進が見られる。ALICE(Advanced Linux Installation and Configuration Environment)と呼ばれる独自のグラフィカル設定ツール群など、収録アプリケーションの数も大幅に増えている。

darkstar1_thumb.png
ALICE

 ALICEには、インストール用ディスクの作成、Xサーバの設定、ハードディスクへの本来のインストールといった各種の環境構築をDarkstarで行うための7つのコンポーネントが含まれている。インストールは、ライブDVDからディストリビューションを起動してライブ環境から行うことも可能だが、直接インストーラを立ち上げることもできる。

 DVDとして提供されてはいるが、Darkstar 2008.1に収録されているデスクトップ環境はKDEと軽量なXfceのみであり、GNOMEは含まれていない。しかし、それ以外はどのカテゴリにも十分な選択肢が用意されている。たとえば、2種類のオフィススイート(OpenOffice.orgとKOffice)、同じく2種類の著名なメディアプレーヤー(xineとMPlayer、それぞれのフロントエンドであるgxineとKMPlayer)、またWebブラウザと電子メールクライアントについてもFirefoxとThunderbird以外にインターネットスイートのMozilla Seamonkeyが存在する。また、レーシングシミュレータやFPSなど数多くの3Dゲーム、教育用ゲーム、幼児向けゲームもある。もちろん、すべてのKDEアプリケーションのほか、インスタントメッセージングやtorrentのクライアント、CDバーナ、画像エディタのような一般的なアプリケーションも含まれている。

darkstar2_thumb.png
Darkstarのデスクトップ

 Darkstar Linuxは、私が試してきたライブDVD環境のなかでは最も安定している。2.0GHzのデュアルコアCPU(Core 2 Duo E4400)と1GBのRAMを搭載したデスクトップマシンで何時間も動かしたが、一度も不具合が起こらなかった。まだ保存していないドキュメントや多数のターミナルエミュレータ、いくつかのゲームを数時間ほどバックグラウンドで実行させておき、OpenOffice.org、GIMP、Firefox、KOffice、TORCSなど比較的重いアプリケーションを立て続けに起動することで“負荷テスト”を行ったのだが、どのアプリケーションもクラッシュしなかった。また、外付けのドライブをマウントし、このデスクトップマシンとの間で10GBほどのISOイメージのやりとりを行ってもライブDVDの動作に問題は生じなかった。

 ハードウェアの面については、解像度1280x1024の17インチディスプレイは正しく認識され、無線LANカードによるDHCP経由の接続も問題なく行えた。ところが、別のデュアルコアマシン(1.8GHzのCore 2 Duo E6300)ではDVDドライブ自体が認識されず、Darkstarをブートすることさえできなかった。こうした問題は、古いカーネルでIntel製マザーボードDG965RYのIDEコントローラがサポートされていない場合に見られる。DarkstarはSlackwareをベースにしているため、Slackwareのカーネルが古いことが原因ではないかと思ったのだが、Darkstarで使われているカスタマイズされたカーネル(2.6.23.8-desktop)は昨年11月にリリースされたばかりのものだった。