才色兼備なEnlightenmentの魅力を見事に引き出したEliveディストリビューション

  Elive は外観的な美しさと優れた操作性とを兼ね備えたLinuxディストリビューションである。EliveはDebianをベースとしているが、ウィンドウマネージャとしてEnlightenmentを採用することでMac OS X風のルックアンドフィールを醸し出すディストリビューションに仕上げられており、また即座に使用可能で操作性にも優れたデスクトップアプリケーションが多数同梱されている。

 当初EliveはライブCD形態で提供されていたが、現行のバージョン1.0では標準的なハードドライブインストール形式での使用が可能となっている。また不安定版ISOではあるが、バージョン1.5も近日中にリリースされるはずだ。

 私の場合、数カ月前からElive CDを使用し始めたところだが、その間において何人かの同僚に対しEnlightenmentの美しい動作画面を見せびらかすという栄誉に授かることができた。その後、妻が新型ラップトップを購入した際にそれまで彼女が使っていたHewlett-Packard Pavilion N5290を譲り受けることになったのだが、このマシン自体は750MHz Pentium IIIプロセッサ、30GBハードドライブ、256MBメモリという非常に貧弱なスペックの構成になっている。最初このマシンにはSolaris 10のインストールを試みたのだが、いくら頑張ってもネットワークインタフェースが動作してくれなかったので、その次にUbuntuの最新バージョンを試してみたところ、今度はインストール途中でフリーズし続けるという結果に終わった。

 これらのディストリビューションを断念して最終的に手を出したのがEliveであるが、このインストールは15分もかからずにあっさり完了してしまった。ちなみにこのインストレーションでは58カ国語もの言語がサポートされている。妻の新型マシンは1.6GHz Celeron Mプロセッサと1.5GBメモリという構成なので、Eliveマシンに対してハードウェア的には2倍の処理速度と6倍のメモリを装備しているはずなのに、ブート速度のみに関していうとこの旧式ラップトップはWindows Vista Homeを搭載した最新ラップトップよりも高速な起動ができてしまうのである。

elive_thumb.png
Elive

 Eliveには豊富なアプリケーション群が同梱されている。例えばデフォルトのブラウザはFirefoxをノーブランド化したIceweasel、ビデオプレーヤはMPlayer、DVDプレーヤはOxine、オーディオプレーヤはXMMSといった品揃えになっており、インターネットラジオについてもStreamtunerを使って簡単に放送局が検索できる。その他にもビデオエディタはKinoおよびCinelerra、サウンドエディタはReZound、ZynAddSubFx、Hydrogen、オフィス系プログラムはAbiword、Xpdf、Gnumeric、グラフィックエディタはGIMPおよびBlenderという多数のオプションが提供されている。

 またユーザによるソフトウェアの追加インストールについては、基本構成がDebianベースのディストリビューションであるため、Synapticパッケージマネージャを介して各種のソフトウェアタイトルを追加することが可能で、こうした形態で利用できるパッケージ数は現状で19,000を越えている。