初代SimCityがオープンソースのMicropolisとして復活

 地元の間抜けな市会議員よりも自分の方が賢いと思っているのなら、わざわざ市議会選に出馬しなくても、元祖都市シミュレーションゲームのおかげでそれを証明することができる。今月Electronic Arts(EA)がSimCityのソースコードをGPLv3の下で公開した。この新たなフリーのゲームは「Micropolis」と名付けられ、主要なLinuxディストリビューションのほとんどでプレイすることができる。

 最初のSimCityは1989年にリリースされた。それ以来、何十という拡張や続編とともに、18種類(現在も増加中)の派生ゲームが生まれている。SimCityは何年間にも渡ってPC用ゲームのベストセラーであり続け、最終的にその座を譲ったのもSimCity自身の派生ゲームであるThe Simsだった。SimCityは非暴力的で教育的なゲームであるため、OLPC(One Laptop Per Child)プロジェクトによってXOノートPC上に含まれることになったのもごく自然なことだった。

 コードは、SimCityの作者であるWill Wright氏と、リリースはされていないがSimCityのUnix版を開発したプログラマのDon Hopkins氏とが協力して修正し、XOのSugarインターフェース上に移植された。そして今月初め、両氏によってそのコードがリリースされた。

 XO版は正式に「SimCity」(EAの商標)と呼ばれているが、一般向けにリリースされたコードは「Micropolis」と呼ばれている。この名称は1980年代にまだSimCityが開発中だった時に仮称として使用されていたものだ。

 MicropolisのソースコードはHopkins氏のサイトからダウンロードすることができる。Tcl/Tk GUIツールキットが必要となるが、広く標準的に使用可能になっているので手元のディストリビューションのパッケージ管理システムを確認してみよう。あるいは少しでも早く使いたいという場合には、使用しているディストリビューション用のパッケージを探せばおそらく見つけることができるだろう。これまでのところ私はDebianFedoraUbuntu用のバイナリパッケージを見つけた。他のディストリビューション用のパッケージも今後きっと現われるだろう。