Linux版Picasaのバージョン2.7は見事な出来映え

 Googleが提供する画像管理ソフトウェア Picasa のLinux版に新たなベータ版が登場した。今回のリリースでは、画像の閲覧、検索、独創的なエクスポートといった有力な機能が追加されている。まだ試していないなら、今がその好機だ。

 このベータリリースはPicasa 2.7のプレビュー版にあたり、これでLinux版がWindows版に追いつくことになる。また、PicasaはまだMac OS X版が存在しない唯一のGoogleアプリなので、Apple派の友人には自慢できるだろう。

 Linux版Picasaの以前のバージョンと同様、今回のリリースにもWindows互換レイヤWineのカスタマイズ版がバンドルされており、Picasa内部に自動でインストールされるようになっている。そのため、自分でWineの環境を管理する手間が省けるだけでなく、今後オリジナルのWineをインストールする際にPicasaとの互換性について心配する必要もない。

 ダウンロード用にパッケージ化されたバイナリには、RPM形式とDebian形式のものがある。RPMパッケージは32ビットIntel(i386)とAMD64(x86_64)兼用で、Red Hat、Fedora、SUSE、Mandriva向けとなっている。一方、Debianパッケージには32ビットIntel版とAMD64版の2つのバージョンがあり、どちらもDebianとUbuntuで動作する。

 新たなインストール方法として、GoogleのTesting Repositoryが使える。これは、APTまたはyumを利用した自動アップデートが可能な公式パッケージ・リポジトリだ。リポジトリの追加手順は、それぞれのパッケージマネージャ向けのものが用意されている。今のところ、このリポジトリにはPicasa 2.7しか存在しないが、愛用するマシンのパッケージマネージャにこのリポジトリを追加しておけば、Googleから公開されるLinuxユーザ向けの新しいパッケージを見逃すことはないだろう。

 Testing Repositoryを使うにせよ、Picasa 2.7だけをダウンロードしてインストールするにせよ、インストーラは旧バージョンのPicasaがマシン上にあれば検出して置き換えようとする。もちろん、以前の設定と画像は保存される。