Geubuntu:UbuntuにEnlightenmentを組み合わせて誕生したディストリビューション

 今日では多くのLinuxディストリビューションが、ビジュアル的なアピールを前面に押し出すようになっている。Beryl-Compizによる派手な3Dエフェクトを利用するにはリソース的な余裕のあるマシンが前提となるが、操作性をある程度犠牲にすることに目をつぶれる場合は、Enligtenmentを用いてデスクトップにそれなりの装飾を加えるという選択肢も存在するはずだ。ところが後者において操作性を犠牲にしないという方針で作成されたのが、登場して間のないGeubuntuというディストリビューションであり、その大まかな構成はUbuntuをベースにGNOMEおよびXfceの優れたコンポーネントを残しつつEnlightenmentを新規に実装したという形になっている。

 Geubuntu 7.10“Luna Nuova”は同ディストリビューションにおける2番目のリリースであるが、そのリリースサイクルは基本的にUbuntuに同調させているようである。このバージョン番号からも分かるようにGeubuntu 7.10のベースとなっているのはUbuntu 7.10であり、同ディストリビューションからはカーネルを始めrestricted-driver管理ユーティリティなどの有用性の高いツールがそのまま流用されている。

 Geubuntuはインストール対応型のライブCDで提供されているが、Geubuntuミラーに用意されている専用パッケージを利用することで、既存Ubuntuディストリビューションに対する上書き形式でのインストールをすることもできる。なお現在提供されているISOは32ビット版だけである。そのため64ビットハードウェアでGeubuntuを使用するには、最初に64ビット版Ubuntuをインストールしてから改めて64ビットプラットフォーム用にコンパイルしたGeubuntuパッケージを追加するという、かなりの回り道をしなければならない。

 ライブCDからインストールする場合は約1.5GBのディスクスペースを必要とする。今回私は同ディストリビューションを、1.3GHz Celeron搭載マシンおよび2.0GHz Core 2 Duo E4400と1.8GHz Core 2 Duo E6300という2種類のデュアルコア搭載デスクトップにて試してみたが、いずれの環境においても問題なく起動することができた。Geubuntuには、WebブラウザのFirefox、インスタントメッセンジャのPidgin、マルチメディアプレーヤのEclairおよびVLC、画像エディタのGIMPなど、一般的に利用されている多数のアプリケーションが同梱されている。特にGeubuntuではリソース負荷の大きいオフィススイート系アプリケーションの代わりに、ワードプロセッサはAbiWord、スプレッドシートはGnumeric、カレンダはOrage、ファイルマネージャはThunarがバンドルされているが、これは必要な要件を低く抑えるための措置である。その他のアプリケーションが必要であれば、Synapticパッケージマネージャを介したインストールを行えばいい。