Scribus――プロの使用に耐えうるレベルのLinux用ページレイアウトソフト

 Linuxへの移植を希望するソフトウェアについて語るとき、まず取り上げられるのがAdobe InDesignやQuarkXpressなどのデスクトップパブリッシング(DTP: desktop publishing)用アプリケーションであるが、実のところLinuxユーザをターゲットにしたDTPアプリケーションというものは既に存在しているのである。それがScribusというオープンソース形態のページレイアウトプログラムであり、プラットフォームとしては、Linux、Windows、Mac OS Xをサポートしている。問題はその完成度だが、果たしてこのプログラムは実務の現場においてプロプライエタリ系DTP製品の代替ソフトとして使用できるレベルに達しているのであろうか?

 私の主たる仕事は、グラフィックスおよびテキストデータを編集してドキュメント上にレイアウトすることであり、こうした作業を90年代中盤から既に10年近く続けている。この種のページレイアウト用プログラムとして私が最初に出会ったのはQuarkXpressであったが、程なくしてAldus(後のAdobe)PageMakerに切り替え、その後も各種のバージョンを使用してきた。PageMakerの後継者であるAdobe InDesignを使い始めたのは数年前のことである。

 こうした経験から言えるのは、各種のテキスト、表、グラフィックス(ベクトル系およびラスタ系の両フォーマット)をスムースにインポートしてフォーマット指定するワークフローへの対応が、優れたページレイアウト用プログラムにとっての不可欠な要件であるということだ。

インストール

 Scribusのインストールについては、最新バージョンの入手法が分かりづらいため、多少の注意が必要だ。それと言うのもScribusのWebページでは最新の安定バージョンは1.3.3.9であると紹介されているのに、それよりも新しいバージョン1.3.4に関するニュースリリースが昨年5月の段階で既に出されているのである。同リリースにはバージョン1.3.4のダウンロードページへのリンクが張られており、私の場合もそこから入手したソースファイルをコンパイルすることでインストール用パッケージを作成している。またこのページからは、その他アーキテクチャ用のRPMファイルを入手することもできる。

 かく言う私であるがLinux.comに掲載されたバージョン1.3.4のリリース記事を目にしなければ、おそらくその存在に気づきはしなかったであろう。実のところバージョン1.3.4は開発リリースという位置付けにされているのだが、安定版と開発版リリースの相違点など、オープンソースの開発サイクルに詳しくない人間にとっては些細な違いでしかない。