AmarokとObsidianMusicを使用した小規模なMP3ファイルサーバの作成法

 Linuxでの音楽再生と言えば、まず筆頭に上がるのが Amarok である。このオーディオプレーヤには、操作性に優れたインタフェースや各種の有用なスクリプトを始め通常の操作で必要となるものは大概そろっているのだが、このアプリケーションの場合はそれだけに止まらず、サーバ上で実行させた上でWebインタフェースを介したアクセスも可能となっているのである。

 ObsidianMusicは以前にamaroK Web Frontendという名称で公開されていたスクリプトコレクションであり、これらをMySQLデータベースおよびAmarokプレーヤと併用すると、インターネット経由または小規模なオフィスネットワーク内部でのMP3ファイル共有環境を簡単に構築することができる。つまり各自がコレクションしている音楽ファイル群をこの方式で公開すると、通常のWebブラウザを介した、ミュージック再生、ダウンロード、ストリーム配信を簡単に行えるようになるのだ。その他にもObsidianMusicは、音楽ファイルの検索やソート機能も備えており、テーマ変更によるカスタマイズにも対応している。

 音楽ファイルのコレクションも10,000曲くらいの規模に達すると1つのプレイリストに収めて管理するだけでは、アプリケーションによるインデックス付けが延々と終わらないという羽目に陥ることもあるが、それを解決するにはデータベースを使用することである。ObsidianMusicを試してみる場合も、最初にAmarok用のデータベース作成を済ませておかなければならない。なお現状で同プレーヤから接続できるのは、MySQL、PostgreSQL、SQLiteのデータベースである。ここでは古くから慣れ親しんだMySQLを使ってamarokという名称の新規データベースを作成し、ローカルネットワークからユーザ名johnによるフルアクセスが可能なようにしておくことにする。

mysql> CREATE DATABASE amarok;
mysql> GRANT ALL ON amarok.* TO razvan@'192.168.0.19' IDENTIFIED BY 'pass123';
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON amarok.* TO 'john'@'192.168.0.56' IDENTIFIED BY 'password678' WITH GRANT OPTION;
mysql> flush privileges;