簡単高速動作のLinux管理ツール、Webmin

 Linuxにはツール・設定・パラメーター・構成ファイルが数多くあり、コンピューターの管理は結構難しい。そこで役立ってくれるが、WebベースのLinux用統合管理ツールWebminだ。

 Webベースのインタフェースを持つWebminは、Unix、Linux、FreeBSDのシステム管理を行うためのツールだ。ただし、対応システムの一覧に掲載されていないディストリビューションの場合、一部のモジュールが動作しない可能性がある。構成ファイルの中にはディストリビューションごとに場所が異なるものがあるし、標準以外の場所に置くこともあるからだ。そのような場合、Webminは機能しない。こうした問題は、すべてのディストリビューションがLinux Standard Base(LSB)を受け入れ、その標準に準拠するようになれば解消するはずだ。

 Webminによるシステム管理では、/etcディレクトリーの構成ファイルを一つひとつ手作業で編集したりサービスを起動・停止・再起動したりする必要はなく、ほかのコンピューターからリモートで管理することさえできる。必要なものは、ブラウザー(私の場合はFirefox)とPerlとJava Runtime Environment(JRE)(一部のモジュールに必要)、そしてrootのパスワードだけだ。

 WebminはGeneral Public License(GPL)の下で配布されている。最新版は2007年11月にリリースされた1.380で、活発に開発が続けられている。