BusyBoxをめぐるライセンス違反で新たに2件の提訴

 Software Freedom Law Center(SFLC)はBusyBoxの開発者Erik Andersen氏とRob Landley氏に代わり、High Gain Antennas, LLC(カリフォルニア州パーカー)とXterasys Corp.(同州シティオブインダストリー)を相手取って新たに2件の訴訟を起こした。これは、最近和解が成立したMonsoon Multimediaに対する類似の提訴に続くものだ。

 BusyBoxは、標準UNIXユーティリティ群の縮小版を開発するフリーソフトウェアプロジェクトである。組み込みシステムで広く利用されているが、GNU GPLv2(General Public License version2、一般公衆利用許諾契約書バージョン2)違反が跡を絶たない。実際、同プロジェクトの「Hall of Shame(恥の殿堂)」リストには、18を超える製品や企業が、このライセンスに明らかに違反するとして名を連ねたことがあった。

 最近になってこの恥の殿堂のページには、不名誉な違反者の更生をただ望むのではなく、「近頃、この手の問題はSoftware Freedom Law Centerに報告するようにしている」との記述が加えられた。しかし、同プロジェクトは法人組織ではないため、Andrew、Landleyの両氏は同組織を代表する個人として今回の件を含む最近の申し立てを行っている。

 11月20日にニューヨーク南地区連邦地方裁判所に提出された、High Gain Antennasに対する訴状には、次のように記されていた。2006年4月以降、同社はBusyBoxのコードを含む無線ルータHGA-8186HP-1用ファームウェアを配布しているが、GPLv2の第3項で要求されるような、顧客に対するソースコードの提供が一切行われていない。訴状によれば、この配布が開始されて間もなく匿名の第三者がHigh Gain AntennasにGPL違反を通知したこと、またSFLCの法務ディレクタDaniel B. Ravicher氏から違反通告を受けた際に同社が「原告との前向きな問題解決を即座に拒絶し、違反製品およびファームウェアの提供を続けた」という。AndersonとLangleyの両氏は損害額(未公表)の賠償および訴訟費用の負担に加え、High Gain Antennasによるこの問題に係る製品およびファームウェアの供給の差し止めを求めている。