ReMootを使ってマルチメディア・アプリケーションを制御する

 ほとんどの最新のマルチメディア・アプリケーションは、汎用のリモートコントロールプログラムReMootから簡単に制御できる。PCを携帯電話やPDAからリモートで制御する奥義もReMootにはあり、ギーク受けする要素も極めて高い。

 最初にReMootのサイトを開き、「Source Download」をクリックして最新バージョンの0.4を入手しよう。このソフトウェアは、PerlとRubyのスクリプトで構成されている。短時間のダウンロードが完了した後で、コンソールを開き、ダウンロード先のディレクトリに移動して、次のコマンドをrootで入力する。

tar zxf remoot-0.4.tar.gz
cd remoot-0.4
chmod +x re*
cp remoot* /usr/bin
cp rewww00t* /usr/bin

 ReMootを構成するスクリプトは3つある。基本remootスクリプトは、さまざまなマルチメディア・アプリケーションにコマンドを送り、remoot-remoteは、グラフィカルなコントロールを画面に表示する。rewww00tは、Webインタフェースを通じてPCを操作できる。remootを使うにはPerlが必要で、rewww00tを使うにはRubyが必要である。PerlまたはRubyがまだ使えない環境の場合、任意のパッケージマネージャを使ってperl、perl-Tk、rubyを入手する必要がある。また、Advanced Linux Sound Architecture(ALSA)も必要だが、これはたいていのディストリビューションに含まれているので、問題にはならないだろう。

 ReMootが実際に動作するか、まずチェックしよう。愛用の音楽再生ソフト(AmaroKなど)を起動して、任意の曲の再生を開始する。コンソールで、コマンド「remoot volup」と「remoot voldown」を実行してボリュームを調節できるかどうかを確認し、さらに「remoot next」を実行して次の曲に進めるかどうかを試してみよう。

Remootコマンド 説明
remoot volup ボリュームを上げる。
remoot voldown ボリュームを下げる。
remoot mute サウンドをミュート(またはミュート解除)する。
remoot play 再生を開始する。
remoot playpause 再生を一時停止(または再開)する。
remoot stop 再生を停止する。
remoot next 次のトラックに進む。
remoot prev 前のトラックに戻る。