Linuxレビュー:DSL 4.0: ほんの少しの改良

 Damn Small Linuxは、元々は2002年にJohn Andrewsisが50MBのシステムにどれだけアプリケーションを載せられるか確かめるために開発した極小のLinuxディストリビューションである。それ以来、このプロジェクトは成長し、何百ものパッケージやアプリケーションと取り組む多数の貢献者たちが参加するまでになっている。先月リリースされたDSL 4.0では多くのアップデートと変更が行われたが、最新機能のサポートがまだまだ不十分なため、旧型のハードウェア向けの専用ディストリビューションの域を脱し切れていない。

 Damn Small Linuxにはディストリビューションを実行するための選択肢が驚くほど多くある。ライブCDとしてそのままブートする方法と、USBメモリからのブート、そして無論ハードディスクでのブートもできる。インストールは従来の方法のほか、Windows OS上で立ち上げることもできる。ハードウェア的には16MBのメモリを搭載した486DXといった、ひどく古いCPUでも動く。ハードディスクにインストールした場合は、フルサイズのDebianシステムにアップグレードすることも可能である。

 このディストリビューションはデスクトップとして必要なものを一通り備えている。デフォルトのウィンドウ環境はFluxboxである。アプリケーションやシステム構成ツールを軽快に選択できるメニューが売りだ。インストーラとしては、ハードディスクインストーラとUSBフラッシュメモリインストーラのほかにFrugalインストーラが用意されている。これはDSL ISOファイルをハードディスクからブートするためのブートローダーエントリを付け加えたものに過ぎない。