Firefoxタブのセッション保存を可能にするSession Manager

 Firefoxには表示中の全タブを一括してブックマークするオプションも用意されているが、タブのヘビーユーザからすると、その程度のオプションだけでは機能不足というものである。例えばネットで何かの調べものをする際には、個々のタブの表示内容はもとより同時に表示させるタブの組み合わせが問題となるものであり、そうしたタブの数が増えてくると必要なタブを開くだけでも一苦労になってしまう。更に問題なのは、そうしたタブのブックマーク登録前にブラウザがクラッシュしたような場合である。そのような悩みを一挙に解決してくれるのが、様々なカスタマイズに対応したSession Manager(セッションマネージャ)アドオンであり、この機能拡張をインストールすることで、ブラウザ終了後もウィンドウのセッションステータスを保存しておくことが可能となるのだ。

 Session ManagerはFirefoxのナビゲーションツールバー上に1つのアイコンとして配置されるが、インストールしただけでは表示されない。これを表示させるにはツールバーを右クリックしてCustomize(カスタマイズ)を選択し、Session Manager(セッションマネージャ)アイコンをツールバーにドラッグする必要がある。

 この機能拡張の基本操作はごく単純であり、現在のセッションの保存は、先のアイコンをクリックして保存するセッション名を指定することで行える。逆に保存しておいたセッションに復帰するには、アイコンの右横にある矢印をクリックして表示されるリストから該当するものを選べばいい。ブラウザクラッシュ時に自動保存されるセッション名は、その日を示す日付が付けられるようになっており、ユーザが手動で保存する際のセッション名も現在アクティブにしているタブ名に日付が続くのがデフォルトの形式であるが、これらの名前は後から各自の好みの名称に変更することができる。その他、不要になったセッション情報の削除や、最近閉じたタブやウィンドウの履歴を追跡して後から復元させるという機能も利用可能だ。Firefoxが意図せず閉じてしまった場合や、ログアウト時に開きっぱなしになっていた場合は、その後Firefoxを再起動した時にSession Managerが復元可能なセッションの一覧を提示してくれる。

 Session Managerの機能をすべて引き出すには、少し時間をかけてでも、そのオプション設定を把握しておかなければならない。例えば、毎日使用する特定のWebページが決まっているというユーザの場合、該当する全ページを登録したセッションを作成しておけば、それをFirefox起動時に一括で表示させるという機能がSession Managerには用意されている。同じくFirefoxを正常終了させる際に関しても、現状のセッションを自動で保存させるオプションあるいはユーザに確認した上で保存させるというオプションが指定可能だ。その他にも、セッション切り替え時に現在のウィンドウをすべて閉じさせたり、復元したページを自動的に再読込させるというオプションも用意されているが、こうした機能は特定の作業ページだけを復元させればいいだけのユーザにとって使用する機会はそれほど多くないかもしれない。