FOSSをテーマとした国連の会合

 Nathan Eckenrode氏は来週、ニューヨークの国連本部で、オープンソース・ソフトウェアを支えるテクノロジのデモンストレーションを行うことになっている。彼には、世界平和への道筋を見いだしたいなどという気持ちは毛頭ない。だが、それに1歩でも近付くのなら、それも悪くないと思っている。

 昨年、国連訓練調査研究所(UNITAR:United Nations Institute for Training and Research)と国連貿易開発会議(UNCTAD:United Nations Conference on Trade and Development)が合同で、ある会合を開いた。フリー/オープンソース・ソフトウェア(FOSS)の利用によって、発展途上国の技術発展を促進できないかという可能性について話し合う会合である。Free Software FoundationのRichard Stallman氏、IntelのDanese Cooper氏、IBMのBob Sutor氏などの名だたる面々が繰り広げた話は、出席者たちの興味を誘い、FOSSの実地的な活用についてもっと知りたいとの声が上がった。

 その声に応えて、UNITARの企画による1日セミナーが10月16日に開催されることになった。この会合では、さまざまな環境でのFOSS導入の成功事例がケーススタディとして紹介される。Eckenrode氏はUbuntu New York Local Community Team(NyLoCo)のメンバで、"自称コミュニティ代表"として、グループの集まりを企画したり、最近では、ニューヨーク市の公園でCDを無料配布するなどの活動を行ったりもしている。昨年の会合にもオブザーバーとして参加したことから、LinuxディストリビューションUbuntuの開発元であるCanonicalからある依頼を受けた。IT以外の分野でフリーソフトウェアを使用している企業人を何名か選び出すのを手伝ってほしいとの依頼である。