Synfig:実験的要素を盛り込んだ2Dアニメーション用プログラム

 Synfig Studioはベクタ画像を使用可能な2Dアニメーション用のプログラムだ。Synfigはバージョン0.61.06-1をリリースしたばかりだが、プロが本気で使用を検討してもおかしくないほど十分なツールや革新的技術が備わっていて、1.0は間近と言っていいほどすでに完成度は高い。Synfigの機能に関する本当の意味での問題点は、Synfigの開発者たちが「実用性」と「標準的なインターフェースやツールの単なる気まぐれな変更」との違いを学ぶことができるかどうかという小さな点だ。

 Synfigは当初、Robert Quattlebaum氏によって同氏のアニメーション企業Voria Studios社のために作成された。Voria社は現在は存在せず、Quattlebaum氏は2004年にVoria社が廃業する際にSynfigのコードをGPL(GNU一般公衆利用許諾契約書)の下にリリースした。それ以来、Synfigの開発はゆっくりだが着実に進展し続けている。

 Synfigプロジェクトのウェブサイトでは、ソースコードとDebian、Ubuntu、Windows用のパッケージとが入手可能になっている。Mac OS X用のパッケージもリストには記載されているが、現在は深刻なバグの存在から利用することができない。またダウンロードページには、Gentoo、Mandriva、SUSE、Fedora Core 6などいくつかのディストリビューション用の非公式パッケージなどがある。

「革新」と「差異のための差異」

 Synfigは、Unix系システム用のグラフィックスプログラムの由緒ある伝統通りに、複数のウィンドウを開く。Synfigの場合、編集用のウィンドウに加えてツールのパレット、時間軸ウィンドウ、操作/ツール設定/レイヤ用のドックがある。ドックの中の各枠を、独立した専用のウィンドウにすることもできるが、Synfigの各ウィンドウは同期しないため、最小化や元の大きさに戻すためにはそれぞれについて行なう必要がある。

Synfig Studio
Synfig Studio(クリックで拡大)

 Synfigを実際に使い始めてみると、インターフェースのデザインの一部に明らかに実験的な部分があることに気付くだろう。そのような内のいくつかのケースに関しては、最悪なことに、実験は単に気まぐれで行なわれているだけのように思われる。例えば、メニューが標準的なメニューではなく編集ウィンドウの左上端のボタンから開くドロップダウンメニューであったり、単独フレームの編集と複数フレームの操作を切り替えるためのボタンやキーフレームのロックを切り替えるためのボタンがツールバー上ではなく編集ウィンドウの右下にあったりする。また、現在選択中のツール用の設定が、ツール用パレットのどこかにではなくドックの中になければならない理由も特になさそうに思える。さらにSynfigはともすれば独自の用語を使いたがり、そのことが必要以上にSynfigの学習を困難にしている。例えば、オブジェクトをコントロールするためのハンドルは「ダック(duck)」と呼ばれている。そのような気まぐれな変更によって非常に効率が上がることもあるかもしれないが、Synfigの習得に必要となる時間と、効率の向上のどちらが大きいかは微妙だ。

 とは言え、標準的ではないウィンドウのデザインにはそれだけの価値がある場合もある。例えば、編集用ウィンドウの下部に単純化された時間軸があるのは、とりわけ時間軸ウィンドウをオープンしていないときには便利だ。同様に、様々な機能でダックを使うことができることや、一つのオブジェクトを編集すれば他のオブジェクトも自動的に編集されるようにすることができるオブジェクトのリンク機能も便利だ。また、その時点では利用することができないツールがカラーでなくグレーになるといったこまかな気遣いからも、Synfigが使う人の立場からデザインされていることが分かる。実験は必ずしもいつも成功しているわけではないが、少なくとも開発者たちの努力の跡がうかがえる。