Nintendo DS(Lite)でオープンソース系ソフトウェアを使用する

 Nintendo DSは秀逸なゲーム機だが、このデバイスの能力はそれだけに限定されるものではない。ハッカー達の手にかかれば、Nintendo DSをオープンソース系ソフトウェアの実行プラットフォームとして利用するだけでなく、スリムダウン版でよければLinuxさえも動かすことが可能なのだ。ここでは、Nintendo DSをオールラウンドな携帯式コンピューティングデバイスに変貌させるために必要な、いくつかのオープンソース系アプリケーションを紹介することにしよう。

 Nintendo DSといえども所詮はゲーム用コンソールに過ぎないので、ゲーム機用自作ソフトその他のアプリケーションを実行させるにはストレージ機能の追加が必要であり、そのための拡張カードを事前に購入しておかなければならない。この種の製品は多数存在しているが、有名どころとしては下記の選択肢を挙げることができる。

  • R4 Revolution for DS――最大4GBのMicroSDカードを使用可能にする他、DSスリープモード、FAT16/32ファイルシステム、DSタッチパネルをサポートしている。この場合で特に重要なのはアプリケーション側からストレージカードへのデータ書き込みに必要なDLDI(Dynamically Linked Device Interface)オートパッチ機能をサポートしていることである
  • M3 CS Simply――MicroSDカードを使用可能にする他、アップグレード対応ファームウェアを装備し、Nintendo DS固有の全機能をサポートしている
  • Cyclo DS Evolution――MicroSDカードを使用可能にする他、FAT16/32ファイルシステムをサポートし、DLDIオートパッチ機能およびMoonshellメディアプレーヤを装備する
  • DS-Xtreme――ストレージをオンボード搭載(512MBおよび2GB版のカードが利用可能)。DS-XtremeにはMP3プレーヤおよびアプリケーションランチャがビルトイン形式で装備されている。またDS-XtremeにはUSBポートが組み込まれているので、標準ミニUSBケーブルを介して一般のコンピュータに接続できる

 このうちどれを使用すべきかは、各自の用途、好み、予算に応じて変わってくる。実際にはネット上で適当なレビュー記事を検索して、自分にとって最適と思われる製品を選べばいいだろう。私の場合はDS-XtremeカードをNintendo DS Liteに取り付けてみたが、非常に満足行く結果が得られている。その他のカードを選択しても、基本機能は同じはずだ。

 これから行う作業で事前に必要な準備だが、具体的には.ndsファイル群をカードにコピーしておくことだけである。ただし場合によっては、この操作を行う前にDLDIパッチをndsファイル群に適用しておく必要がある。これによりアプリケーション側からカードにデータを書き出すことが可能となるが、アプリケーション設定などを保存させたい場合はこの機能が必須となるはずだ。

 この種のトピックについてはGBAtemp Webサイトにある初心者用解説が上手くまとめられており、各自のケースにおいてDLDIパッチを適用する必要があるかどうかや、どのアプリケーションにパッチを適用すべきかの参考となるだろう。またDLDI Linux GUIというLinux用グラフィカル系パッチャーを使用すると、パッチの適用プロセスを大幅に簡単化できる。