Monday, October 3, 2016 5:00AM to 11:00AM (UTC) Schedouled down time to change site domain

IBM、最新UNIX「AIX 6」オープンベータ版を公開

 米IBMは2007年7月12日(米国時間)、仮想化機能などを強化したUNIX OSの最新版「IBM AIX 6」のオープンベータ版を公開した。POWERプロセッサ上で動作し、最新の「POWER6」もサポートする。AIXを公開ベータテストするのは初めてで、ダウンロードしたOSは11月9日まで利用可能。

 LinuxもサポートするIBMのサーバ製品「System p」向けのOS。新たに搭載した「ワークロード・パーティション」は、ソフトウェアベースの仮想化技術で、プログラムにリソースをダイナミックに割り当てて、ワークロードの整理・統合時に管理対象のOSイメージ数を削減できるという。

 ワークロード・パーティションは「ライブ・アプリケーション・モビリティー」機能で、再起動せずに物理サーバ間を移動でき、中断を最小限に抑える。また、現行バージョンのAIX 5L上で作成されたアプリケーションは、再コンパイルせずに、AIX 6で引き続き動作可能。

 オープンベータのCD/DVDはISOイメージとしてダウンロードでき、プログラムに参加登録してメディアに書き込みできる。正式版は2007年第4四半期(10~12月)に提供開始する予定。【鴨沢 浅葱/Infostand】

日本IBM http://www.ibm.com/jp/

AIX http://www-03.ibm.com/servers/aix/

AIX 6オープンベータ http://www-03.ibm.com/servers/aix/6/beta.html