GParted-ClonezillaライブCDでパーティションとディスクを管理する

 パーティションやハードディスクのバックアップといえば、それなりに大変な仕事というイメージがある。だが、Clonezillaを試せば、その認識は変わるはずだ。Clonezillaでは、さまざまなフォーマットのパーティションや幅広いサイズのハードディスクを、ローカルまたはネットワーク経由でクローニング(複製)することができる。

 もっとすばらしいのは、面倒なコマンドをまったく入力せずにすべての作業が行えることだ。さらに、ClonezillaはGParted-ClonezillaライブCDの一部として利用できるので、インストールする必要さえない。

 ほとんどのデスクトップユーザは、ハードディスクやパーティションのバックアップを毎日は行っていない。しかし、ときには、パーティションの空きディスク領域を使い切ってしまうこともある。他のパーティションが隣接していて領域を増やせない場合は、別のハードディスク、または同じハードディスクの空き領域に移すことが可能だが、それは口で言うほど簡単なことではない。

 システム管理者ならたやすく解決できる問題かもしれないが、大半のデスクトップユーザは、この状況に面食らってしまうだろう。必死になってGoogleで簡単な解決方法を探し出しても、ほぼすべてのデータをリムーバブルディスクにバックアップしてハードディスクのパーティションを切り直し、ディストリビューションを再インストールして、データのリストアを行うとなると数時間はかかるはずだ。だが実は、もっと手軽な方法がある。

 GParted-ClonezillaライブCDは、サイズがわずか131.5MBというGentoo-catalystベースのディストリビューションで、XサーバとしてXorg、軽量なウィンドウマネージャFluxbox、改良された2.6シリーズのLinuxカーネルを採用している。 このライブCDはサイズが小さいため、Celeron 500MHz以上のプロセッサを搭載したマシンであれば快適に動作させることができる。

 GParted-ClonezillaライブCDには、ClonezillaとパーティションエディタGPartedの両方が含まれている。GPartedツールのほうは、空き領域を利用したパーティションのサイズ変更に利用できるほか、パーティションをバックアップした後のハードディスクの再構成に役立つ。また、既存パーティションの削除、新たなパーティションの作成、パーティション形式の変換も行うことができる。

 GPartedが対応しているファイルシステムの形式には、ext2/3、FAT 16/32、NTFS、ReiserFS、JFSが含まれる。やりたいことがはっきりしていれば、GPartedの使い方は難しくない。実際に使うときは、図入りの詳しいマニュアル昨年のレビュー記事を読むとよい。GPartedの最近のバージョンでは、前方の空き領域にパーティションを拡げられるようになっているが、アプリケーション内部から利用できるヘルプはまだ用意されていない。

Clonezillaとは

 Clonezillaは、そのホームページによれば、プロプライエタリなNorton GhostやオープンソースのPartimageによく似たGPLライセンスのクローニングシステムとされている。しかし、こうした類似アプリケーションとは異なり、Clonezillaでは多数のハードディスクを同時にクローニングすることができる。ただ、そのためには、既存の環境設定を2点変更する必要がある。DRBL(Diskless Remote Boot in Linux)サーバを用意することと、すべてのコンピュータでネットワーク経由のブートを有効にすることである。

 しかし、家庭や小さなオフィスで急を要する場合には、専用のサーバを立ち上げる代わりに、ライブCDを使ってマシン間を行き来しながらパーティションのバックアップとリストアを行ってもよい。ClonezillaはライブCDからも使えるため、個々または複数のパーティションをバックアップ/リストアしたり、ローカルディスクや外部USBストレージにハードディスクをコピーしたり、あるいはそうした作業をSambaやSSHを利用してネットワーク経由で行うこともできる。

 Clonezillaを使うことのもう1つの利点は、サポート対象のファイルシステム(ext2/3、ReiserFS、XFS、JFS、FAT、NTFS)であれば、パーティションやディスク全体をバックアップするのではなく、使用中のブロックだけを保存できることだ。これにより、クローニングとリストアの処理が高速化されるだけでなく、バックアップに必要な容量も少なくなる。