ブラウザに新機軸をもたらす風博士

 最近は、フリーソフトウェア業界の半分がGeckoベースのブラウザの開発(そして、残り半分はそうしたブラウザ向けプラグインの開発)に携わっているように見える。ブラウザは数多くあれど風博士(Kazehakase)が話題に上ることは滅多にない、と思っている人もいるだろう。しかし、風博士は、従来機能の強化や新しい機能を実際に検討している数少ないプロジェクトの1つという点で、他のブラウザプロジェクトとは異なる存在である。

 ブックマークやタブの機能を扱うインタフェースに始まりキーボードショートカットやマウスジェスチャのカスタマイズオプションに至るまで、風博士には一風変わった機能が満載されている。風博士の新機能がすべて必要とは思えないだろうが、いくつかについてはその価値をきっと認めたくなるはずだ。

 Firefox(またはIceWeasel)に比べると、風博士はEpiphanyのような余分な機能をそぎ落としたGeckoベースのブラウザとの類似性が高い。とはいえ、風博士のインストール環境には、その複雑さによってBegginer(初心者)、Medium(中級者)、Expert(上級者)の3つのレベルのインタフェースが用意されている。レベルの選択は、「Edit(編集)」→「Preferences(設定)」→「General(全般)」→「UI Level(UIレベル)」か、「View(表示)」→「UI Level(UIレベル)」のどちらかで行える。

 「Beginner」レベルでは、必要最低限の機能だけを残したツールバーと設定項目が表示される。このツールバーには基本的な「Forward(進む)」、「Back(戻る)」、「Reload(更新)」の各操作ボタンと印刷用のボタン1つしかなく、「Preferences」ウィンドウには全般、言語、フォント、プロキシの各タブが表示される。各メニューの項目数もかなり削られており、「Tab(タブ)」メニューさえ表示されない。

 レベルを上げるにつれ、ツールバーの機能や設定の項目が増えて風博士のインタフェースは複雑になっていく。「Medium」レベルになると、タブ、キーボードショートカット、履歴のオプションなど7つのタブが設定画面に加わるほか、メニューには基本的なタブコマンド群やサイドバーのようなオプションも表示される。「Expert」レベルでは、追加される機能が割合少ないが、ユーザによるブラウザ画面のカスタマイズ範囲が拡がる。

Kazehakase
風博士 ― クリックで拡大

 このように段階的に複雑にしていくことは、大半の主要ブラウザにあるようなフルセットのオプションによって一部のユーザを困惑させてしまうことなく、風博士の使い方を習得する理想的な方法に見える。慣れない初心者ユーザにとっては、興味のない大量のオプションを排除してくれる方法とも言える。「Expert」レベルのUIでさえFirefoxより地味なくらいだが、風博士はブラウザの新たな形態にうまく焦点を当てている。

ブックマークとタブ

 FirefoxのRSSフィード購読用インタフェースでいつも悩まされるのが、ブックマーク作成用インタフェースとの違いだ。どちらのリンクも作成と処理の方法は同じなのだが、インタフェースの整合性がない。風博士では、以前のFirefoxと同じこと ― 「remote bookmark(リモートブックマーク)」というフィードを呼び出し、それらを「Bookmark(ブックマーク)」メニューに配置すること ― が行われている。フィードでは更新間隔、ユーザ名、パスワードなど普通のブックマークでは定義できないオプションも定義できるが、それ以外の点においてフィードとブックマークはまったく同じように扱われる。どちらの場合も、ブックマークタイトルの表示文字数を指定することで、迷惑な切り捨てがない状態でタイトルをサイドバーに表示できる。

 風博士には、閲覧をもっと便利にしてくれるタブが用意されている。各タブの状態 ― 読み込み中、読み込み完了、通常 ― がカラーコード化されているほか、タブの幅をどれほどにするか、現在のタブを閉じた後にどのタブに復帰するか、タブにクローズボタンを付けるかどうかを指定できる。ほかにも、ブラウザ画面の任意の側にタブを配置できるというオプションがある(なぜか「Edit」→「Preference」→「Tab」ではなく「Tab」メニューに存在する)。「Tab」メニューには、アクティブでないすべてのタブを閉じる、現在表示しているタブより前または後のタブを閉じる、さらに ― 誤ってタブを閉じてしまったときに備えて ― 再び開けるように最近閉じたタブのリストを表示する、といったオプションも含まれている。またお好みで、通常のビュー形式、または現在表示中のタブに至るまでの経緯がわかるツリービュー形式のどちらかで、サイドバーにタブを表示することもできる。これらすべての機能はタブブラウジングの概念を発展させたものであり、設定可能な項目は若干少ないがより安定性の高いTabbrowser Extensionsを思い起こさせる。Tabbrowser Extensionsは変わった経緯を持つが個人的には手放せないFirefoxプラグインだ。