レビュー:Gentoo新版「Secret Sauce」には良い点も悪い点も

 何度かの延期を経て、Gentooがついにバージョン2007.0(コード名Secret Sauce)をリリースした。しかし開発期間が延長されたのにもかかわらず、ディスプレイドライバには明らかにバグがあり、それが原因で、ハードディスクへのインストールも可能なライブCD/DVD版は適切に動作しなかった。とは言えライブCD/DVDとしての使用をあきらめ、チューニング可能というGentooの本来の売りを引き出すことが可能な手動でのインストールを行なうと、Gentoo 2007.0は氷上にいるかのようにスムーズに動いた。

 Gentoo 2007.0には複数の版が様々なプラットフォーム用に用意されている。人気が高いのはx86プラットフォーム用とAMD64プラットフォーム用の、ライブDVD版、ライブCD版、minimal CD版だ。ライブCD版にはLinuxカーネル2.6.19、Xorg 7.2、GNOME 2.16.0、OpenOffice.org 2.1.0、Firefox 2.0.0.3、Thunderbird 1.5.0.10、Evolution 2.8.2.1、そしてIRCとIM用のX-ChatとGaim(現Pidgin)などが含まれている。一方ライブDVD版には、ライブCD版に含まれているすべての他に、KDE 3.5.5、XFCE 4.4.0、GIMP 2.2.14、Abiword 2.4.6、KOffice 1.6.1やその他いくつかのアプリケーション、ツール、ライブラリなどが含まれている。

 私は32ビット用のDVD版とCD版をそれぞれ、デュアルコアデスクトップ、ATIカードを搭載したCeleron 1.7GHzデスクトップ、Celeron 1.4GHz IBMノートPC、の3つの環境で試してみた。 その結果、DVD版でもCD版でもATIカードを搭載したデスクトップ上ではXを起動することができなかった。このことについてGentoo開発者のAndrew Gaffney氏は「2006.1から2007.0までのある時点で、xorg-serverのebuildでは、video_cards_atiではなくvideo_cards_{mach64,r128,radeon} を使うように変更された。しかしそのような変更にも関わらず、プロファイル内のデフォルトのVIDEO_CARDSはその変更を反映するように更新されなかった。その結果x86/amd64用のLiveCD/LiveDVDでは、どのATIドライバも構築されなくなってしまった」とGentooプロジェクトのBugzillaページで説明している。

 この問題を回避するために私はxorg.confファイルを手動で編集して、基本的な機能だけが含まれているvesaドライバを使用するようにした。ATIカード搭載マシンで試したところ、ライブDVD版については成功したが、ライブCD版ではやはりXを起動することができなかった。一方ライブDVD版には別の不具合があり、Intel 855GMチップセット搭載のノートPC上でi810ドライバを使用したところ、Xを起動することができなかった。こちらに関しては、vesaドライバを使用する回避策を試してみても、うまく行かなかった。

 Gentoo Linux Handbook には「ライブCD/DVD版の環境には、グラフィカル/コマンドライン用Gentoo Linuxインストーラへのリンクとオフライン版の本ハンドブックへのリンクが用意されている」と記載されているのだが、vesaドライバを使用するようにxorg.conf設定ファイルを編集後にstartxコマンドを使用してXを起動した場合には、それら3つのリンクはなかった。しかしVMware 6の仮想マシン上でライブCD版を実行した場合には、xorg.confを編集しなくてもXが起動し、GNOMEデスクトップにはそれら3つのリンクがあった。なおVMwareやその他の仮想化ソフトウェアは、独自の最小限のグラフィックカードを使用している。また驚いたことに、同じ仮想マシン上でライブCDのISOをライブDVDのISOと入れ替えると、Xは再び起動しなくなった。ライブDVD版では(Intelチップセット搭載のノートPCのときと同様)、vesaドライバを使用する回避策を施してもXを起動することができなかった。