レビュー:PCLinuxOS 2007――美しさと実用性を兼ね備えたライブCD Linux

 PCLinuxOSはいわゆるライブCD形式のディストリビューションであり、ハードドライブへのインストールをすることなくそのLinux環境を試用できるように作られている。

 そしてこの月曜日、PCLinuxOS 2007と名付けられた待望の新バージョンがリリースされた。本ディストリビューションは、収録ソフトウェアのラインナップはもとより安定性と機能性にも優れており、高品質なグラフィックスでまとめられた実行環境とあわせて、過去最高のリリースであると評価しても過言ではないだろう。

 PCLinuxOS(以下、PCLOS)の歴史は、約4年前にMandrakeLinux 9.2からフォーキングしたことに始まる。その後のリリースは旧バージョンをベースとしたアップデートという形で進められてきた。実際、最新版のPCLOS 2007においても、スタートアップウイザード、ハードドライブインストーラ、PCLinuxOS Control Centerなどのソースコードの一部はMandrivaLinuxのものが流用されている。

 ライブCDからカーネルを起動すると、デスクトップ画面が表示される前にシステム設定用ウィザードが実行され、ユーザに対して、キーボード、タイムゾーン、ネットワーク接続の設定をするよう指示が出される。私のラップトップマシンの場合、搭載されたWLANチップを動かすにはNdisWrapperを用いてWindows用ドライバを認識させる必要があるのだが、PCLOSの場合この点は特に問題とならなかった。設定ウィザードからはWindows NTFS形式でフォーマットされたハードドライブに直接アクセスすることができ、ユーザの指定したドライバファイルもあっさり認識してくれたのである。後はWPAのセキュリティ情報を入力するだけで、ものの数秒と経たないうちに、日頃使っているワイヤレスルータに何の問題もなく接続できてしまった。

 PCLOSを試用してそのパフォーマンスが気に入った場合は、GUI形式のインストーラを用いてハードドライブへの恒久的なインストールをすることもできる。このインストーラも非常に優れた操作性を有しており、ユーザが行うべき作業は、ハードドライブに対するファイルコピーが実行される前と後の段階で、設定用の質問にいくつか答えるだけである。今回のテストに用いたマシンの場合、最終的なインストール完了までにおよそ20分を要した。

 PCLOSの完成度は非常に高く、プロフェッショナルレベルに仕上がっている。ブートおよびログインの画面はDiamond Plateというメタル系のテーマで統一されており、その後表示されるKDEのデスクトップでは、アブストラクトブルーの壁紙を背景にクイックランチャとアプレットを配した半透明のパネルが表示される。ここまでの完成度に仕上げるにあたって、開発プロジェクトの担当チームは数カ月をかけて作業を進めたとのことだ。なおGNOMEデスクトップを使用したい場合は、Synapticパッケージマネージャにあるtask-gnomeを選択すればよく、これによりデスクトップシステムのインストールが実行される。

PCLinuxOS 2007のデスクトップ(クリックで拡大)
 バンドルされるアプリケーション群に関して説明すると、今回のリリースでは、OpenOffice.orgの最新安定バージョンが一式取りそろえられている。またデフォルトブラウザはFirefoxに改められたが、従来通りKonquerorを使うことも可能である。マルチメディアコンテンツについても、これらの再生に必要な、AmaroK、MPlayer、Kaffeine、Frostwire、DeVeDe、TVTime、Flash、Java JREなどは標準で装備済みだ。画像および写真の表示や編集は、GIMP、GQView、digiKam、Kalbumなどで処理することができる。インターネット関連のアプリケーションでは、XChat、Kopete、Thunderbird、TightVNCなどが用意されている。システム関連の操作は、K3b、Krusader、GKrellM、SearchMonkeyといったツールで必要な操作が行えるはずだ。設定ユーティリティとしては、お馴染みのKDE Control Panelを始め、PCLinuxOS Control Panelというシステムおよびハードウェア関連の各種設定を行えるアプリケーションが用意されている。このアプリケーションからは、ファイアウォール、グループウェア系メールサービス、ネットワークデバイス、ネットワーク接続、システム起動用サービス群など、様々な設定を施すことができる。その他の基本システムとしては、Linux-2.6.18.8、Xorg 7.1.1、GCC 4.1.1が採用されている。

 FirefoxとThunderbirdの組み合わせについては、Thunderbirdのメール上でハイパーリンクをクリックするとFirefox側でWebページが開かれ、Firefoxのページ上でメールアドレスのリンクをクリックするとThunderbirdでメッセージウィンドウが開かれるというシームレスな操作が行えるようになっている。またFirefoxで閲覧中の画像については、右クリックしてSet as Backgroundを選択することで、デスクトップの壁紙として表示させることが可能だ。

 ライブCDの構成としてプロプライエタリ系ドライバは完全に排除されているが、必要であれば別途インストールすることも簡単に行える(その他のソフトウェアも同様)。Synapticパッケージマネージャを使うと、PCLOSリポジトリからカスタム版のRPMパッケージをインストールすることができるが、このリポジトリにはPCLOS専用にアレンジされた約5,000の追加パッケージが収録されている。なおこうした追加インストールに関しては、MandrivaやFedoraなどRPMをベースとした別ディストリビューション用にコンパイルされたパッケージを使うことも考えられなくはないが、仮に必要なライブラリがそろっていてもパス関連の不整合性やコンフリクトが生じる危険性があるので、手を出さない方が賢明だろう。