Tiny Tiny RSS:とても便利なRSSリーダー

 Tiny Tiny RSS(TT-RSS)は、小さくて優れたウェブベースのRSSアグリゲータだ。TT-RSSは軽量であるにも関わらず、AJAX化されたインターフェース、マルチユーザモード、タグ、コンテンツフィルタ、モバイルデバイス用の軽量インターフェースなど多くの気の利いた機能を備えている。

 TT-RSSにはインストール用のスクリプトが含まれていないものの、インストールは簡単に行なうことができる。まず始めに、PHPやデータベースエンジン(PostgreSQLかMySQLのどちらか)など、必要なプログラムがあらかじめウェブサーバにインストールされていることを確認しよう。また、MySQL用のphpMyAdminまたはPostgreSQL用のphpPgAdminといったデータベース管理ツールもあるとよいだろう。

 それではまず、TT-RSSの最新パッケージをダウンロードして展開し、作成されたディレクトリの名前をtt-rssなどに変更しよう。次に、データベース管理ツールを使ってデータベーススキーマをインストールする。このためにはtt-rssディレクトリ内のschemaディレクトリにある、適切なSQLスクリプト(例えばMySQLの場合はttrss_schema_mysql.sql)を実行する必要がある。データベースの準備が終わったら、config.php-distをconfig.phpというファイル名に変更してテキストエディタで開き、データベース接続に関する設定を行なう。その後、tt-rssディレクトリ全体をウェブサーバにアップロードし、ウェブブラウザからhttp://yourserver/tts-rss/にアクセスする。すべて正しく行なうことができていれば、TT-RSSのメインウィンドウが表示されるはずだ。

 当然ながら最初に行なうことは、TT-RSSにお気に入りのRSSフィードを登録することだ。そのためには、メインウィンドウの右上端にある「Actions(操作)」ドロップダウンリストから「Preferences(設定)」を選択し、「My Feeds(ユーザフィード)」タブをクリックする。フィードの登録は、「Address(アドレス)」フィールドにURLを入力して「Subscribe(購読)」ボタンをクリックするという方法で一つ一つ登録することもできるが、TT-RSSはOPMLファイルをサポートしているので、手元にある既存のフィードリストをすべてまとめてインポートすることもできる。

ヒント: TT-RSSはデフォルトでは各フィードのアイコンを取得するようになっており、そのようなアイコンがあることで、TT-RSSの見掛けが全体的に楽しいものになっている。しかしフィードにアイコンが用意されていない場合には、TT-RSSはその代わりにデフォルトの空のアイコンを使用する。このデフォルトのアイコンが気に入らない場合には、TT-RSSがインストールされている場所のimagesディレクトリ内にあるblank_icon.gifファイルの画像を好みの画像に置き換えるだけで、アイコンを簡単に変更することができる。

TT-RSS
TT-RSS(クリックで拡大)

 フィードをインポートし終えたら、それらのフィードを管理しやすくするためにカテゴリごとに分類することができる。「Edit categories(カテゴリの分類)」ボタンを押すとダイアログウィンドウが表示されるので、それを使用してカテゴリを自由に作成することができる。フィードをカテゴリに分類するには、フィードを選択後、カテゴリを指定して、「Recategorize(再分類)」ボタンを押せばよい。

 「コンテンツフィルタ」は複数のフィードを見張るのに便利な気の利いた機能で、指定した条件に合った場合に特定の操作を行なうフィルタを作成することができる。そこで例えば、(TT-RSSはタグ付けをサポートしているので)OpenOffice.orgに関連した記事のすべてに「openoffice.org」というタグを付けるフィルタなどを作成することができる。そのためにはまず「Content Filtering(コンテンツフィルタ)」タブをクリックし、「Create filter(フィルタの作成)」ボタンを押す。するとダイアログウィンドウが表示されるので、それを使用して以下のような感じでフィルタを定義する。

Match: openoffice.org
On field: Title or Content
Feeds: All feeds
Action: Assign tags
Params: openoffice.org
Options: Enabled