レビュー:Mandriva 2007 Spring――他を圧倒する完成度

 Mandrivaは最近、同ディストリビューションにとって今年初めてのリリースとなる「Mandriva Linux 2007 Spring」を発表した。Mandriva Linux 2007 Springにはこれまでのリリースと同様に5つの版があり、そのうちの2つの版については無料でダウンロードすることができる。今回私は、サポートと数ギガバイトのパッケージが含まれている、76ドルのPowerpack版をインストールして試してみた。その結果Mandriva Linux 2007 Spring Powerpack版は、他の数枚のCD/DVDを使った無料ディストリビューションに勝るだけでなく、他のライバル有料ディストリビューションを大きく引き離していることが分かった。

 今回私はSpring Powerpackを2GB RAMのデュアルコアマシン、384MB RAMの1.7GHz Celeronマシン、1.25GB RAMの1.4GHz CeleronノートPCの3台のマシン上で試してみた。デュアルコアマシンにインストールした際にはMarvell PATAディスクコントローラ用のモジュールをロードすることができないというメッセージが2度出たが、そのような「エラー」にも関わらず、USB DVDドライブを使って無事にインストールを終了することができた。

 インストールの際には、パーティション分割の画面から、SATAドライブやIDEドライブ上に元からあったext3パーティションをリサイズして空けた領域にSpring Powerpackをインストールすることができた。ノートPCでは、PC Cardワイヤレスネットワークアダプタが問題なく検知/設定された。一方デスクトップマシンのLinksysワイヤレスアダプタについては検知された後、Linux用のドライバがないのでNdiswrapper経由でWindowsのドライバを利用してカードが使えるようになった。

 またSpring Powerpackは、19インチワイド画面の1440x900液晶モニタについても、またATI Radeonグラフィックカードについても問題なく検知/設定した。その他にもUSBドライブ、USBカメラ、USBマウス、USBキーボード、安価なPS2-USB変換器を試してみたがすべて問題なく動いた。

多数の選択肢

 インストールの完了後、私は早速ソフトウェアを試してみた。Mandriva Spring PowerpackのDVDには3,000以上のパッケージがバンドルされており、ともに最新版であるGNOME 2.18とKDE 3.5.6、Mandriva仕様のOpenOffice.org 2.1、最新版のKOffice 1.6.2などが含まれている。カーネルについては、カスタマイズされたLinux 2.6.17が使用されていた。

GNOME with Metisse
GNOME上のMetisse(クリックで拡大)

 Spring PowerpackにはGNOMEやKDEなどのデスクトップ環境に加え、3D拡張に対応するウィンドウマネジャとしてBerylとCompiz、そしてMetisseが含まれている。私の各マシンで試したところ、どの3D拡張もまったく問題なく動いた。なお3Dデスクトップはログイン画面で選択することも可能だ。

 Spring Powerpackには、Virtual Box、VMware Player、KQemuカーネルモジュールをともなったQemu、Xenなどの仮想化ツールもいくつか含まれている。これらのツールはどれももともと無料で入手可能なツールであり、どのLinuxディストリビューションにも含めることができるものだが、最初からインストールされていたり、クリック一つでインストールできる状態になっていることは間違いなく大きな利点だ。

 その他にも、他のディストリビューションには含まれていないがSpring Powerpackには含まれている無料のアプリケーションとして、Google PicasaとGoogle Earthがあった。ただしGoogle PicasaとGoogle Earthは、バンドルされているのではなく、それらをGoogleのウェブサイトからダウンロードしてインストールするためのシンプルなスクリプトが含まれていた。一方VoIPについては、SkypeとWengoPhoneがバンドルされていた。

 マルチメディアコンテンツの再生に関しては、KMplayerやXineがそれぞれのプラグインパッケージとともに含まれているのに加え、Gstreamer-pluginsも含まれていた。私はMP3ファイルの再生にはAmaroKを、DVDやVCDを見たりAVIファイルやMPEG4ファイルを再生したりするにはKMplayerを、そして .RMや .RAMのストリーミングの再生にはRealPlayerを使用した。またFirefoxには、そのようなファイルをインターネット経由で再生するためのプラグインに加え、FlashやJavaのためのプラグインも搭載されていた。その他にも、音楽製作/編集用のフリーなサウンド・シンセサイザ・アプリケーションであるLMMSや、ビデオファンのためのマルチトラック・ノンリニア・ビデオエディタのKdenliveなどがバンドルされている。

 一方、Spring Powerpackに入っていて欲しかったが含まれていなかったアプリケーションとしては、Abiwordワードプロセッサがあった。またCeleronデスクトップ上では軽量デスクトップ環境のXfceを走らせるのを私は気に入っているのだが、Spring PowerpackにはXfceではなくFluxboxが含まれていた。なお試してみたところFluxboxは軽量すぎる(機能が少なすぎる)ように私には感じられた。さらに、以前のリリースとは異なりSpring Powerpackには、Windows用のゲームをするためのCedegaと、フリーソフトではないが人気のあるDVDプレイヤであるLinDVDが入っていなかった。