写真補正ソフトLightZone――Linux版については無料で利用可能

Light Craftsの主力製品であるRAW写真コンバータソフトLightZoneは、Windows版、Mac OS X版、Linux版の3つのバージョンで提供されているが、そうしたリリース態勢自体は特別珍しいことでもないだろう。ところがLightZoneの場合、Windows版およびMac OS X版は数百ドルの価格設定がされているのに対し、Linux版については掛け値なしの無料提供がされているのだ。しかも機能および操作性という観点から見ても、LightZoneというツールは高額な競合ソフトの多くを凌駕しているのである。

LightZoneのWebサイトのトップページは有料版パッケージの紹介に割り当てられているので、Linux版を入手するには、Light CraftsのAnton Kast氏が管理する別ページにアクセスしなければならない。Kast氏はLight Craftsのチーフデザイナを務めると同時に、同社の最初の社員にして、筋金入りのFedora Linuxユーザでもある。LightZoneの記述言語はJavaであり、開発当初からクロスプラットフォーム化することが前提とされていたのだが、開発開始時にLinux版も作ろうと言い出し、プロプライエタリ系オペレーティングシステム版のものとLinux版とで差異が生じないようにすると決めたのは、何を隠そうLinux愛好家のKast氏なのだ。

現行のLinux版(バージョン2.1)ではJavaランタイムがバンドル化されているため、25MB程度というかなり巨大なサイズになっている(以前はランタイムのバンドル版だけでなくスタンドアローン版も提供されていたが、スタンドアローン版関連で発生する問題が負担になってきたため、こちらの提供は中止されたそうである)。プログラムを実行するには、ファイルダウンロードの終了後、任意のディレクトリでtarボールを展開し、起動コマンドとして./LightZoneと送信すればいい。

それでは、LightZoneの特長を簡単に説明しよう。過去にRAW写真用のアプリケーション(BibbleRaw Therapeeなど)を使用した経験のあるユーザであれば、おそらく所狭しと並ぶスライダの一群といくつかのチェックボックスやスピンボタンで占領された操作画面を予想していたのではないだろうか。ところがLightZoneにおけるイメージ調整では、各種の機能をツールバーから実行するという、より洗練された操作方式が採用されているのである。ツールバーは必要な数だけイメージ上に表示させることができ、配置の変更はもとより、不要なものについては使用停止ないし非表示化させることもできる。イメージ補正用の操作はいずれも取り消しが可能であり、これらの操作によってオリジナルファイルに変更が加えられることはない。

よくあるRAWコンバータの場合、ホワイトバランスや露出補正などのイメージ調整は1度に1つずつ実行するようになっている。それに対してLightZoneでは、連続して実行するイメージ調整の各操作をそれぞれ独立した存在として並列的に管理できるのである。あえて例えるなら、Adobe Photoshopにおける調整レイヤ的な管理法ができると考えればいいかもしれない。

例えばカラーバランス調整のツールをクリックすると、そのための補正ツールが直前の補正結果イメージに重なる形で配置される。後はこの状態で好みのカラー調整を施せばいいのだが、必要であれば、これとは独立した操作として第2のカラーバランス調整を並列的に加えてみることもできるのである。両者の結果を比較して、2番目のカラーバランス調整の方が適していると判断した場合は、最初のカラーバランス調整のXボタンをクリックすればいい。残りの補正操作はすべて維持されたまま、最初のカラーバランス調整だけが破棄される。

small.gif
LightZoneの編集画面(クリックで拡大)

こうしたアプローチでは、個々のイメージ補正ごとに異なる部分をマスクすることもできる。実際、先の例のように試行錯誤的な吟味をする方がより適切なカラー補正を施すことができる、というユーザも多いだろう。むしろ、一見非効率的に見えるこうした試行錯誤的なアプローチの方が、各種パラメータの数値指定によるイメージ補正よりも、写真の補正としてはごく自然な方法なのだ。よくよく考えてみれば最適な写真補正を行いたい場合、施すべき各種の補正設定を一発で指定する方式と、必要とする個々の補正作業を逐次加えていく方式とを比べれば、明らかに後者の方が良い結果を得られるはずである。