CrossOver Linux 6.0でWindowsアプリケーションを実行する

今月、CodeWeaversは同社Windows互換環境の主力製品のバージョン6.0を発表した。今回からCrossOver Linuxという名になったこの最新バージョンは、初めてゲームに正式対応している。対応アプリケーションの増加とゲーム領域への進出により、CrossOver Linux 6は、職場や学校のWindowsアプリケーションに戸惑うLinuxユーザにとって素晴しい選択肢の1つとなった。

CrossOver Linux 6になっても対応アプリケーションにそれほど大きな変化は見られない。変更内容は主としてパフォーマンス向上のための微調整やインタフェースの改善である。しかし、World of WarcraftやHalf Life 2のようなストリーミング配信型のゲームに対応できるように多くの取り組みが行われている。また、未対応のアプリケーションでも動作する可能性を高めるべく、バージョン6には新たにWindows XPのボトル(bottle)が用意されている。ボトルとは、アプリケーションを分離することで安定性の向上をねらったWindows互換レイヤーの独立インスタンスであり、バージョン5.0で導入されたものである。

CrossOver Linux 6には、Standard(40ドル)とProfessional(70ドル)の2つのエディションがある。どちらも対応しているアプリケーションは同じだが、Professionalエディションには企業向けの機能がいくつか追加されている。たとえば、Professionalエディションは2つのマルチユーザ・インストール・モードを備えている。マネージド・マルチユーザ・モードのほうは、rootユーザがインストールしたアプリケーションを全ユーザが利用するというもので、root以外のユーザは自分でインストールを行うことができない。一方のプライベート・マルチユーザ・モードでは、システム上の個々のユーザが自分でアプリケーションをインストールして管理することができる。

組織内の他のデスクトップ機でWindowsソフトウェアを実行しようとする場合は、Professionalエディションを使えば、ボトルのRPMを作成することでRPMベースの別のディストリビューションへのインストールを簡単に行なうことができる。当然だが、この方法はDebianベースのUbuntuでは使えない。この方法をFedora Core 6(FC6)で試したところ、RPMは簡単に作成できたが、インストールの時点で依存関係のチェックに失敗した。どうやらCrossOver Linux 6で作成されるすべてのRPMは、CrossOver Office 5を必要とするらしい。

CrossOver Linux 6のハードウェア要件はそれほど高くなく、大半のLinuxディストリビューションであればそのソフトウェア要件も満たしているはずだ。私の場合、Ubuntu 6.06 LTSとFedora Core 6のどちらにも正常にインストールできた。なお、前者はSELinuxが有効、後者は無効なものだった。

インストール後もCrossOver Linux 6はこれらのディストリビューションとうまく統合されている。Fedoraでは、クロスオーバーされたWindowsアプリケーションにまでCompizの3Dプロパティが含まれていたほどだ。

CrossOver Linux
Windowsアプリケーションを実行中のCrossOver Linux ― クリックで拡大