Fedora、ライブCDをリリース

Fedoraコミュニティは、先月、同コミュニティ初となる公式ライブCDをリリースした。Fedora Core 6を基礎にしたもので、Fedoraの名に恥じない仕上がりになっている。しかも、このCDの製作に用いたツール群により、カスタムRed Hat――FedoraベースのライブCD――の製作や保守が容易になった。

提供されるライブCDは684MBのISOで、i386アーキテクチャー専用。含まれているファイル・システムは圧縮されており、展開すれば2.3GBのアプリケーション――Fedora Core 6(FC6)を構成するCD 5枚組に含まれるアプリケーションとユーティリティの一部――が現れる。起動すると、Linuxカーネル2.6.18、GNOME最新安定版2.16、X.org 7.1が動作する。リリース時期を示す壁紙を除いて、見た目はFC6と変わらない。

GNOMEパネル上にはNetworkManagerユーティリティがあり、何もしなくても動作状態になる。これを使うと固定ネットワークとワイヤレス・ネットワークの間を容易に移動できる。さらに、現場を移動しながらの使用を想定してVPN接続ソフトウェアも用意されている。これは、NetworkManagerユーティリティに組み込まれているプラグインから構成する。ライブCDの開発リーダーDavid Zeuthenによると、(彼の)「マネージャーが、空港でノート・パソコンのハードディスクが壊れたときに使っていた」そうだ。

このCDには読み書き可能なファイル・システムもあり、Fedora風に、Pirut(ソフトウェアの追加と削除)とPup(ソフトウェアの更新)を使ってソフトウェアとアップデートが可能。ただし、新規ソフトウェアはRAMに保存されるため、コンピュータを再起動すると失われる。

アプリケーションでは、OpenOffice.orgの代わりに、AbiWord(ワードプロセッサー)とGnumeric(表計算)が同梱されている。OpenOffice.orgはベータ版リリースには含まれていたが、入力メソッドSmart Common Input Method(SCIM)およびFC6に含まれているアプリケーションとユーザー・インタフェースの翻訳をすべて含めるために割愛された。その代わり、非英語圏のユーザーにも使えるライブCDとなった。

Ubuntu 6.10ライブCDと比較してみよう。UbuntuライブCDではライブ環境からハード・ディスクにインストールできるが、FedoraライブCDには同様のインストール機能はなく、グラフィカル・インストーラーは開発中だ。しかし、現状でも、GPartedでディスクのパーティション管理、Baobabでマウントしたディスクの分析は可能。ただし、デフォルト状態では、パーティションはマウントされず、いずれかをマウントしなければ、GPartedは起動時にクラッシュする。

イメージを扱うアプリケーションでは、どちらにも、FSpot、GThumb、GIMPが含まれ、FedoraライブCDには、さらに、Inkscape(ベクター・グラフィックスの編集)と数十種のフォントが同梱されている。音楽ファイルとビデオ・ファイルを再生するアプリケーションでは、FedoraライブCDにはRhythmbox(CDの再生)とTotem(動画の再生)が、UbuntuライブCDにはSerpentine(オーディオCDの製作)、Sound Juicer(CDからのサウンドの抽出)とサウンド・レコーダーが同梱されている。

ブラウザーや電子メール・クライアントでは、どちらにも、Firefox(Webブラウザー)、Evolution(電子メール・クライアント)、Gaim(インスタント・メッセンジャー)が添付されている。FedoraライブCDには、XChat(IRC クライアント)も同梱され、さらに、Beagle(デスクトップ検索)、AIGLXとCompiz(3Dデスクトップ効果)も含まれており、対応するハードウェアがあれば利用できる。

FedoraライブCDはSELinuxのtargetedモードで動作し、FC6で初めて搭載された有用なSELinuxトラブルシューター・アプリケーションが付いている。しかし、デスクトップ・バージョンにあるXen仮想化サポートはない。また、サウンド・カードの検出、ネットワーク・カードの構成、ファイアウォールの設定のための管理ツールもない。