Windows税の還付を受ける方法

コンピュータを購入すると、たとえ注文した覚えもなければ使う予定もなかったとしてもMicrosoft Windowsのための料金を支払っていることが多い。この記事では、未使用のWindowsのライセンスを返却して料金の払い戻しを受け、Windows税を非課税にするための方法を説明する。

私は最近Dell社から新しいラップトップコンピュータを購入した。私はGNU/Linuxユーザでありフリーソフトウェアを信奉しているので、自分がそのラップトップでMicrosoft Windowsを使用することはないということが最初から分かっていた。しかし残念ながら私が購入したラップトップについては、OSをUbuntuにするというオプションやOSをなしにするというオプションがDell社から提供されていなかった。そこで私は、いったん購入した後にDell社からWindowsについての払い戻しを受けようとしてみた。その結果、Dell社のカスタマーサービスとの交渉の末、52.50ドルの払い戻しを受けることに成功した。今回の払い戻しを受けるまでの過程を通して、私は比較的うまく行くテクニックの存在に気が付いた。このテクニックを知っておくと、あなたも短い時間で簡単に払い戻しを受けることができるかもしれない。

準備は万端に。過度には期待せずに。

払い戻しの要求へと突っ走る前に、まずは準備を万端にしておこう。Windowsの払い戻しのための作業には何時間もかかるかもしれないが、結果として得られるのは少額に過ぎない。金額としては店頭に並んでいるWindowsの通常の小売価格とは比べ物にならないほど少額だ。そのため払い戻しに成功したところで、 それはポケットマネーの足しというよりはむしろ自分の信条のための勝利という意味の方が大きい。とは言え勝利することは実際に可能であるし、成功した暁にはあなたは自分の信条を曲げずに筋を通したんだと胸を張っていいだろう。

なおWindowsの料金の払い戻しを受けることができるのは、コンピュータが新品である場合のみだ。一度でもWindowsをブートし、Microsoft社のEULA(使用許諾契約書)の最後にある「Accept(同意する)」ボタンを押すと、払い戻しを受ける資格はなくなってしまう。理想を言えば、ベンダに実際の注文を行なう前の時点ですでにWindowsの払い戻し計画を練っておいた方が良いだろう。そして新品のマシンを注文する場合にはまず、OSなしのオプションが提供されていないかどうかをベンダに電話で確認しよう。そしてそのようなOSなしのオプションがある場合には、そのオプションを利用すると良い。そうではなくプレインストールOSなしのオプションが用意されてなくてやむを得ずWindowsを購入しなければならない場合には、可能な限りローエンドのWindowsを選ぶようにしよう。 私の場合は「Microsoft Windows XP Home Edition」付きのコンピュータを購入することにした。

コンピュータが到着したら、コンピュータを箱から取り出す各過程の記録を取っておこう。私の場合、イギリスでDell社からのWindowsの払い戻しに成功したDave Mitchell氏からヒントを得て、箱を開けている最中の自分の写真など、 各過程の自分自身の写真を逐一撮っておいた。またMicrosoft社のEULAの全ページの写真も撮っておいた。特にベンダへのライセンス返却に関連するセクションはズームして撮っておいた。また「Do Not Accept(同意しない)」ボタンもズームして撮影し、ライセンスを拒否している自分の姿も撮っておいた。 これによりせっかく届いたコンピュータを使い始めるのがやや遅くなってしまうが、自分がライセンスを読みそれを拒否したという証拠を残すことができる。

さて、ベンダへ電話を掛ける前には必要なものをすべて手元に用意しておこう。 注文番号や購入日、クレジットカード番号に至るまで、注文に関するすべての情報を手元に用意しておくべきだ。さらにコンピュータのシリアル番号やDell社の場合にはエクスプレスサービスコード(Express Service Code)も用意しておくと良いだろう。また電話の終盤ではWindowsのCOA(Certificate of Authenticity)キーが必要になる場合もある。 COAキーは通常ラップトップの底に貼り付けられているホログラムのステッカーに書いてあるので、単にラップトップ本体を手元に置いておくと良いかもしれない。

またEULAの本文をすぐに見ることができるよう準備しておくと良いだろう。全文が必要になるということはおそらくないが、Windowsをベンダへ返却することについての説明文の具体的な文言そのものが問題になる可能性があるからだ。

最後に紙と鉛筆を用意しておこう。またワイヤレスの電話を使うなら、ちゃんと充電されているかどうかを確認しておこう。あと、飲み物も手元に用意しておこう(長電話になるかもしれない)。