PDFCreatorでPDFを作成する

PDFファイルを作成したいと思う多くのWindowsユーザにとって、Adobe Acrobatは行き過ぎのきらいがある。Acrobatは一般的に彼らが使用する以上の機能や特徴を備え、299ドル(プロフェッショナル版は449ドル)という価格もまた、多くの人々が対価として払ってもよいと思う額を超えている。だが幸いにして、WindowsユーザはGPLライセンスのPDFCreator(本家)を利用すれば、どんなアプリケーションからでもPDFファイルを作成することができる。定評あるフリーのPostScriptインタープリタ、Ghostscript上に構築されたPDFCreatorは、処理が高速で設定も容易だ。ほとんどの使用目的でAcrobatの優れた代替アプリとして使えるだろう。

PDFCreatorのインストーラは、SourceForge.JPの該当プロジェクトのページからダウンロードできる。インストーラの形態には、Windows実行ファイルとMicrosoft Installerのパッケージがあるので、どちらかを選ぶ。またWindows実行ファイルのほうには、Ghostscript付きとそうでないもの、2つのバージョンが用意されている。ダウンロードが済んだらインストーラを実行し、あとは指示に従ってインストールを進めればよい。

Ghostscript付きのPDFCreatorインストーラにバンドルされているのは、AFPL Ghostscriptのバージョン3.54である。GNUEPSのものなど、マシンにインストールされている別のGhostscriptを使いたい場合は、Ghostscriptのオプションをクリックし、ドロップダウンリストから好きなバージョンを選ぶこともできる。

PDFCreatorはそのままでもすぐに使い始めることができるが、より適切なPDFを生成するために設定を調整することも可能だ(むしろそうすべきである)。PDFCreatorの設定を行なうには、「Start」->「All Programs」->「PDFCreator」->「PDFCreator」を順にクリックしてから「Printer」->「Options」を選択する。

設定のオプションには、Adobe Acrobatと同じものが数多く用意されている。たとえば、互換性レベルの選択(作成するPDFを新旧双方のバージョンのPDFリーダでも確実に閲覧できるようにする)、解像度の設定、WebにポストしてすぐにPDFファイルのオープンおよび表示を可能にすること、などが行える。また、PDF内のテキストおよびグラフィックの圧縮方法や、すべてのシステムフォントを埋め込むのか文書内で使われているシステムフォントだけを埋め込むのかといった設定も可能だ。

PDFの作成を(WindowsとLinux双方の数多くのアプリケーションを使って)行ってきた経験から、次のような設定が適切だと私は気付いた。

  • 「Compatibility(互換性)」を「Acrobat 4.0」に設定する。
  • 画面上で閲覧する場合は解像度を600 dpiに、PDFを印刷する場合は解像度を1200 dpiに設定する。
  • 「Compression(圧縮)」設定のすべてにZIPオプションを使用する。ZIPによる圧縮は、PDFのファイルサイズの抑制と解像度の維持をほどよく両立してくれる。
  • あなたの作成したPDFを閲覧する人があなたと同じフォントを持っているとは限らないので、文書で使用されているフォントだけを埋め込むオプションを選択する。すべてのフォントを埋め込むとファイルサイズが大きくなってしまう。

PDFCreatorでは、ドキュメントのコンテンツを保護することも可能である。文書ファイル内のテキストや画像のコピー、ドキュメントそのものの修正または印刷が行えないように設定することができるのだ。またPDFファイルをパスワードで保護することもできる。