Monday, October 3, 2016 5:00AM to 11:00AM (UTC) Schedouled down time to change site domain

レビュー:Mandriva 2007、第一線に復帰

使いやすいインストーラに始まり、よく考えられたデスクトップに至るまで、Mandriva 2007の提供する環境は美しいまでの一貫性を備え、新規ユーザに居心地のよさを感じさせる。Mandriva 2006ではより上級のユーザに適切なレベルのサポートを提供できていなかったが、Mandriva 2007にはデスクトップから設定を行うための各種ツールが含まれ、目につきやすい場所に並んでいる。こうしたツールの良さは冴えないパッケージ管理と役に立たないセキュリティレベルの分類、そして一部のマシンで生じる不安定さによって損なわれてはいるが、全体として見ればMandriva 2007はGNU/Linuxの最も進んだデスクトップ環境の1つとして生まれ変わっている。

Mandriva 2007にはいくつかのエディションがある。フリーソフトウェアしか使いたくない人の場合は、GNOMEかKDEのOneエディション・ライブCD、またはLinux Freeエディションが選択肢になるだろう。プロプライエタリなソフトウェアに対する思想的な抵抗のない人には、初心者向けのDiscoveryエディション、上級者向けのPowerpackエディション、SOHO向けのPowerpack+エディションが用意されている。またMandriva Clubエディションには、メンバーのみが利用できる詳細不明のパッケージが含まれているという。今回は、Discoveryエディションのインストールとテストを行った。

インストール

Mandrivaのインストール作業が完成の域に達するには、大半のディストリビューションよりも長い年月がかかった。その成熟ぶりは、基本オプションと上級オプションとでウィンドウを分けるという配慮からも伺える。たとえばユーザアカウントを作成する際、初心者はユーザ名とパスワードだけを気にすればよいのに対し、上級ユーザは新規ユーザのグループや好みのシェルの設定といった各オプションのトグル切り換えができる。こうした方法を取っているMandriva 2007のインストールプログラムには、どんなレベルのユーザも満足するはずだ。同様に注目すべきことだが、Mandriva 2007はインストールプログラムにプリンタおよびサウンドの設定を含む数少ない例の1つである。この最新版Mandrivaの最も顕著な変更点が、進行状況の詳細を非表示にした場合に現れるWindows風の新機能の宣伝なのだから、いかに長い歴史を持つインストールプログラムを使っているかがわかるだろう。

Installing Mandriva 2007
クリックでビデオ再生
(Oggバージョンのインストールビデオを見るには、ここをクリック)

とはいえ、今回のインストールプログラムにも改善の余地はある。ディスクパーティションの設定では、ボタンの列に(ファイルシステムの)「Type」のような設定の選択肢と「Format」のような動作の実行が混在しているので、ユーザが困惑する可能性がある。同様に、「Summary」ページでは ― 実際には設定のほとんどがこのページで行われるので、このページ名は適切でない ― ネットワーク設定を必要とする他の機能よりもネットワーク設定のほうを上位に配置する必要がある。インストール作業を体系的に進めていくユーザは、これらの2つの問題によってどんな混乱が起きても克服できるだろうが、そもそもユーザにはそんな負担を強いるべきではない。

デスクトップ

Mandrivaがデスクトップ指向のディストリビューションであることは、rootシェルにたどり着くのに「System」->「Configure Your Computer」->「System」->「Open a Console」と選択する必要があることからわかる。そこまで深くメニューをたどってやっと開くrootシェルも設定不可能なもので、rootシェルの起動中はControl Centerのその他の部分を開くことはできない。また予備知識なしにはコマンドライン用のアイコンをデスクトップやパネルに追加することもできない。Mandrivaにはグラフィック用ソフトウェアと管理ツール類が余すところなく揃えられているので、多くのユーザはコマンドラインを必要としないかもしれないが、いずれにせよ作り手のメッセージははっきりしている。このディストリビューションではデスクトップを使ってほしい、というわけだ。

熟練ユーザはこの宣告に窮屈さを感じるだろうが、Mandrivaがデスクトップにかなり力を入れていることは間違いない。新しくデフォルトになったLa Oraという黄色とオレンジのシェードを織り交ぜたデスクトップテーマは万人受けしないかもしれないが、黒とグレーを基調としたMandriva 2006のデフォルトテーマよりは広く受け入れられるだろう。全体的な外観の一部として、ホームディレクトリにはドキュメントやその他のコンテンツに応じて色分けされたフォルダが含まれ、OpenOffice.orgなどの各ツールは該当する指定フォルダを用いるように設定されている。また、メニューにはインストール済みソフトウェアだけが選択対象として表示される。メニューのカスタマイズはControl Centerの「System」タブで行えるが、ユーザは実際に試してみないとDiscovery版とMandriva版の各メニューの違いがわからないのに最初のデフォルトのKDEメニューに戻すとMandriva特有の項目が削除されてしまう点を考慮すると、メニューの変更はお勧めできない。結果として、経験の浅いユーザには使いやすいデスクトップだが、何事も自分のやり方で行うことに慣れた熟練者にはじれったさを感じさせるものになっている。

Mandriva 2007には、ハイエンドマシンを使っているユーザのためにAIGLXやXglによる3Dデスクトップのオプションも用意されている。立体的に回転するデスクトップなど、こうした目新しい機能はぜひ試してみたいが、ほとんどのユーザの日常的作業ではメモリの過剰使用に陥るだろう。普通は4つあるKDEのワークスペースがわずか2つになる理由もそれで説明がつく。それでも、こうした機能はデフォルト設定の一部になっている。3Dデスクトップに興味はあるが自分のマシンがそうした機能をサポートしているかわからない場合は、自動ログインを無効にするか、それ専用のユーザアカウントを作成して3Dデスクトップを試す必要がある。そうしないと、一度ロードに失敗するとリブートのたびにX Window Systemがハングアップすることになりかねない。