ラスタイメージエディタ:GIMPとKritaの機能比較

先日Krita 1.6のリリースが行われたが、いい機会なのでLinux界における代表的な2つのラスタイメージエディタを比較してみよう。ただし一口にGIMPKritaの比較と言っても、両者はGTK+およびKDEという異なるプログラミング世界を背景にしょっているので、相違点を評価するに当たっては、政治的な力学や感情的な影響を完全に排除することはなかなかに難しいだろう。よってまずは、両者の外観上の違いをざっと確認してから、その次に機能的な相違点を逐次確認してゆくことにする。

どちらのアプリケーションもフリー系のエディタではあるが、そのインタフェースや機能の構成において強く影響されているのが、プロプライエタリ系ラスタグラフィックスツールの横綱級ソフトAdobe Photoshopだ。例えばどちらのエディタも、描画、編集、選択用の各種ツールを始め、レイヤ機構やフリーティングパレットはもとより、メニューの構成や機能の名称に至るまで、Adobe Photoshopと非常によく似ている。よって双方のエディタの間では、ツールにせよ操作にせよ、相違点よりも類似点の方がはるかに多いのは、ある意味必然だとも見なせるだろう。

とは言うものの、KritaにはあってGIMPには無い機能、およびその逆というように、両者の間にある程度の相違点があるのも確かだ。

Krita固有の機能

KritaとGIMPの比較記事でたいてい取り上げられる解説は、前者はより豊富なビット深度(8ビット、一部のモードで16ないし32ビット)とカラーモード(グレースケール、RGB、CMYK、L*a*b、LSB、YCbCr)が利用可能であり、その点で後者(グレースケール、RGB、インデックスカラー)よりも優れているという紹介だ。またKritaにおける現行の安定バージョン(1.6)ではカラーマネージメントをサポートしているが、これも現行のGIMPにおける安定ルバージョン(2.2)には搭載されていない機能である。

さらにKritaには水彩画シミュレーションおよび調整用のレイヤという、GIMPには無い2種類のレイヤも装備されている。ただし後者は基本機能のみを備えた“フィルタレイヤ”と見なすべき存在で、ここには何らかのイメージデータを配置するのではなく、可視状態にある背後の全レイヤを対象としたカラーないしトーン調整を行う際に使用する。

ツール的な違いに触れると、Kritaの描画ツールでは、四角形、楕円形、星形、線セグメント、ベジエ曲線を作成できる他、ポリゴンやポリラインなどもユーザが自由に描画できる。ただしInkscapeやIllustratorなどのソフトとは異なり、これらの図形は解像度に依存しないベクトル曲線ではなく、単なるドットマップとしてペイントされるだけだ。

Kritaでは、イメージ上に配置したベジエ曲線やポリゴンの一部を選択することができる他、ペイントブラシの使用も可能であり、また新たに搭載された“パースペクティブグリッド”を使えば、1ないし複数の消失点を設定した状態でペイント時の補助線を表示させることも行える。

Kritaには“クローン”ツールとも呼ばれるラバースタンプ機能が装備されているが、バージョン1.6になって“ヒーリング”と“パースペクティブ修正”という2つのオプションが追加された。前者はピクセルの表示色そのままではなく周囲の平均色でスタンプするオプションで、後者はスタンプされるピクセルを移動ないしスケーリングしてパースペクティブのラインを保持させるオプションだ。