Reiserファイルシステム開発続行か

ReiserFSファイルシステムとReiser4ファイルシステムの開発者であるHans Reiser氏が、米カリフォルニア州オークランドで逮捕された。別居中の妻Nina Reiserさんの行方不明に関与しているとの疑いだ。このニュースを受け、フリー/オープンソースソフトウェアコミュニティでは、Hans Reiser氏の会社Namesys社とReiserファイルシステムの今後への影響が懸念されている。

Hans Reiser氏はReiserFSとReiser4のリード開発者として知られる。ジャーナルファイルシステムであるReiserFSとReiser4は、始終称賛と酷評の対象となっている。Hans Reiser氏は、 Reiser4をカーネルに組み込むために奮闘してきたことでも知られ、それがなかなか認められないことについて声高に発言してきた。2つのファイルシステムの開発元である米Namesys社は小さな会社だが、米Linspire社と米国国防総省国防高等研究事業局(DARPA)の出資も受けている。

Namesys社のWebサイトにある番号に電話をかけても、女性が電話に出て「ノーコメント」と言うだけで切られてしまう。だが、Namesys社の複数の関係者は、会社とファイルシステムの今後について公にコメントすることをいとわなかった。

Namesys社の元リリースマネージャOleg Drokin氏は「Hansが逮捕されても有罪にならない限り、何の影響もないと思います」と話した。「もし有罪となったらNamesys社にとっては問題でしょう。会社の運営はHansが一人でやっているのですから」

Drokin氏によると、特に重要なのは、ロシア在住者の多いNamesys社社員に今後も給与が支払われるかどうかだという。支払いが止まるようなことになれば「当然ながら仕事を続けられない者も出てくるでしょう」。

だが、Drokin氏はそのような事態にはならないと考えている。「Hansは当初から自分が疑われる可能性を考えていました。自分がいなくても社員が業務を続行できるように手を打っていたと思います。Namesys社自体もしばらくは安全だと私は見ています」

Namesys社の元マーケティング担当者、テクニカルライターであり、Reiser氏の父であるRamon Reiser氏の話もDrokin氏のコメントを裏付ける。Ramon Reiser氏によると、Namesys社は常に2つの点を最優先にしてきたという。「既成概念の枠を超えてファイルシステムを1970年代レベルから21世紀レベルに引き上げること」と「1983年にバークレー大の学生だったHansが描いた新しいファイルシステムを実現するのに尽力してくれたロシア人ウクライナ人プログラマの幸福」だ。「父親として、この2つが今も最重要であると証言できます」と同氏は話した。

Namesys社のホストマスタでシステム管理者であるLex Lyamin氏は、Linuxカーネルメーリングリストへの電子メールで、Hans Reiser氏が拘束されたり有罪となったりした場合には、 「Namesys社の経営に代理人を任命する」と述べている。