メッセージングソフトウェアZimbraのレビュー──Exchangeの置き換えは可能か?

Zimbraは「オープンソースのメッセージングおよびコラボレーション分野のリーダー」を自称しているが、その看板に偽りはないのだろうか。同社のスイート製品Zimbraを評価した結果、完璧ではないにせよ、その看板に恥じないコラボレーションスイートであることがわかった。この手のメッセージングソフトウェアをまだ利用していないなら、検討の価値はあるだろう。

Zimbraには、オープンソース(Open Source)版、ネットワークスタンダード(Network Standard)版、ネットワークプロフェッショナル(Network Professional)版という3種類の構成がある。ただし、無料のオープンソース版には、Outlookとの同期、モバイル機器との同期、バックアップ機能、クラスタリング機能など本格的な導入には必要になるであろう機能のいくつかが欠如している。

今回は、ネットワークスタンダード版のテストをCentOS 4で、オープンソース版のテストをDebian SargeとMac OS Xでそれぞれ行った。Zimbraのインストール手順は少し面倒なものになる可能性がある。特に、オープンソース版をインストールしようとする場合はその傾向が強い。Debian上でオープンソース版インストールスクリプトを走らせると、依存関係のチェックのところで必要なPerlモジュールがインストール済みかどうかを検証できなかったため、このスクリプトの実行は初回にして失敗し、使用不可能な状態のままZimbraのインストールが頓挫してしまったのだ。一方、Mac OS Xサーバへのオープンソース版のインストールは、よりスムーズに進んだ。ただし、インストール後もドキュメント機能が何らかの理由で動作しなかった。

ネットワークスタンダード版のCentOSへのインストールは、さらにスムーズに運んだ。依存関係(システム要件に記載されている)を満たすためにパッケージ数個のインストールと、Sendmailの削除を行わなければならなかったが、それ以外ではオープンソース版よりもずっと手のかからないインストールだった。

Zimbraは、インストール済みのLDAPやActive Directoryと協調して動作することができる。私の環境にはどちらも存在しなかったので、ユーザ認証およびアドレス帳の管理のためにZimbraに組み込まれているLDAP機能を有効にした。

Zimbraの管理

インストールを終えると、Zimbraの設定とユーザアカウントの追加に取りかかった。ZimbraのWebインタフェースは使いやすく、たいていの管理タスクはこのインタフェースを利用して行えるようになっている。

ただし、Webインタフェースを使っていて気付いたことの1つに、フォーム内の項目間をTabキーでうまく移動できない点があった。たとえば、新規ユーザ作成のフォームでTabキーを押せば次のフィールドにカーソルが移動すると思うだろう。ところが、新規ユーザのファーストネームを入力した後にTabキーを押すと、フォーカスが「New Account(新規アカウント)」ダイアログの「Cancel(中止)」ボタンに飛んでしまうのだ。これはいただけない。

また、既存のアカウントまたはエイリアスと同じ名前で別のアカウントを作成しようとしても単純に失敗するだけで、前の設定手順に戻って誤りを訂正する手立てが用意されていない。とてもユーザフレンドリ(ここでは管理者フレンドリとすべきか)とは呼べない仕様だ。

Zimbraの管理者インタフェースでは、アカウントをどれか1つ選択して「View Mail(メールを表示)」クリックすると、そのアカウントに対象ユーザとしてログインすることができる。この機能を使えば、基本的にそのユーザとして振る舞うことができる。つまり管理者は、パスワードを知らなくても、ユーザのアカウントにログインし、そのユーザとしてメールを送信したりそのユーザの文書を閲覧したりできるわけだ。Zimbraのマニュアルには、アカウントに関する問題を起こしそうなユーザを助ける方法としてこの機能が説明されているが、同時にこれは管理者がユーザの電子メールを監査する簡単な方法でもある。ただしZimbraでは監査ログも記録されており、管理者が別のユーザのアカウントへの切り替えを行うたびにログにその記録が残る。(もちろん、その監査ログを記録しているサーバに管理者がアクセスして……すれば、監査ログはその役割を果たさなくなるだろうが)。

企業の環境では、社員のメールが会社または組織に監視されている可能性があることは、誰もが承知している。それでも、Zimbraによってユーザの電子メールの監視が極めて容易になるとあっては、ユーザとして良い気分はしない。だが、管理者にとっては非常に便利な機能であることは間違いないだろう。かくいう私もユーザアカウントに関する問題の解決にはずいぶんと手を焼いてきた。

また管理者はZimbraの設定によって、添付ファイルの拡張子に応じてメッセージを破棄したり、元のフォーマットで閲覧するかHTMLフォーマットへの変換だけを行うかを指示したりできる。

さらにWebインタフェースには、キューにたまっている電子メールの数をZimbraが管理しているドメインごとに確認する機能、受信メールの発信元IPアドレスを追跡する機能、キュー内の個々のメッセージを参照する機能など、すばらしい監視機能が用意されている。以前、私がホスティング環境に携わっていたときにこれほどの機能が揃っていたとしたら、どれだけ仕事が楽になったことだろうか!

残念なことにZimbraではすべての作業がWebインタフェースで行えるわけではない。手動でのバックアップ、スケジュールのバックアップ、SSL証明書のインストール、アカウントのバルクプロビジョニング、メールボックスの移動、その他いくつかのタスクを行うには、Zimbraに付随のコマンドラインツールを利用しなくてはならない。

熟練した管理者のいる大規模な環境であれば、この点は問題にならないはずだ。しかし「設定後は手間要らず」のツールを望んでいる小さな会社には適していないかもしれない。とりわけ、Zimbraのコマンドラインツールには関連するmanページが見当たらないため、ちょっとコマンドの構文を確認したいというときには苛立ちをおぼえることだろう。