「GPLv3は危険」~複数のLinuxカーネル開発者が共同声明

本日、GPLv3(GNU一般公衆利用許諾書バージョン3)を起草中の関係者に衝撃が走った。というのも、かなりの数の著名なカーネル開発者が共同でGPLv3を酷評する「GPLv3の抱える危険性と問題点」と題した声明文を公表したのだ。

声明文にその署名が見られる開発者は、James Bottomley、Mauro Carvalho Chehab、Thomas Gleixner、Christoph Hellwig、Dave Jones、Greg Kroah-Hartman、Tony Luck、Andrew Morton、Trond Myklebust、David Woodhouseの総勢10名だ。

開発者たちはGPLv2を(他のフリーなオペレーティングシステム以上の成功をLinuxへともたらした)カーネル開発コミュニティを育んだ土壌として高く評価した。そしてこのGPLv2の成功を理由として「明白な問題点を訂正するバグ修正か、あるいは切迫した危険性に対応する改訂である場合を除き、当該ライセンスへといたずらに手を加えることを検討されるのは不本意である」と表明した。

声明文ではGPLv3のドラフトに対し異議を唱え、「GPLv3が問題解決の対象としているGPLv2には、実際的で明確な問題点は何も存在しない」のにも関わらず、GPLv3のドラフトの方が複数の問題点を新たに持ち込んでしまっていると指摘している。

GPLv3の問題点

声明文は特に、GPLv3ドラフト中の3つの条項を反対すべき問題点として名指ししている。具体的には、「DRM」条項、「条件の追加」条項、GPLv3ドラフトの「特許」についての条項の3つだ。

まず一つめの「DRM」条項(「Tivo化」条項とも呼ばれている)に関してカーネル開発者たちは「不必要」だと宣告したが、これは特に驚きに値することではない。Linuxの作者であるLinus Torvaldsも折りにふれ、この「DRM」条項に対する嫌悪を表明してきた。カーネル開発者たちは、DRMの使用が「深く憂慮すべき」事案であるという点には同意するものの、声明文の 第3節で説明したように「使用目的の自由は(GPLの主張する数々の自由の中においても)特に必要不可欠な自由であるということを鑑みれば、使用目的についての制限を含むライセンスはどのようなものであれ認めることは決して許されない」としている。

もう一つの懸念として挙げられているのは、GPLv3の内容に追加条件を付け加えることを許可する条項だ。開発者たちによると、ライセンスへの追加条件の選択が可能になることにより「GPLv3は追加条件の選択肢を選り好みした結果のごちゃ混ぜ状態になってしまい、それを法的に正しく整理分類するというのは、Linuxディストリビューションにとって悪夢となるだろう」とのことだ。

そして声明文が指摘しているおそらく最も重要な点は、GPLv2において「(以降のバージョンのGPLも)その精神において現バージョンと同等のものになる」ということが約束されていたはずだという点だ。開発者たちによると、それにも関わらずDRM条項を追加するということは「これまでに寄与された作品のすべてを(DRM反対という)FSFの政治的な目的に役立てるために勝手に用いることに等しい」と言う。そしてそれは上記の約束をFSFは守るはずだと信頼していた者に対する「重大な裏切り行為」だとしている。

なお今回FSF(Free Software Foundation)とEben Moglen氏に取材を申し込んだが、現時点では声明文についてのコメントは差し控えるとのことだった。

カーネル開発者へのアンケート

今回の声明文に加えてBottomleyは、29人のカーネル開発者に対する非公式なアンケートの結果も公表した。アンケートではカーネル内でのGPLv3の使用をどの程度希望するかという点について、「プラス3点」(GPLv2の使用は希望しない)から「マイナス3点」(GPLv3の使用は希望しない)で投票が行なわれた。

ところで回答者はどのように選ばれたのか?TorvaldsがLKML(Linuxカーネルメーリングリスト)へ投稿した説明によると、基本的には、カーネルパッチのsigned-off-by署名を多い順に並べたときに「最初の一画面分の名前」(プラスAlan Cox)から選んだとのことだ。

アンケートの結果、回答した開発者の中でこの件に関し中立を保ったのは唯一David S. Millerのみだった。Miller以外の開発者(Torvalds、Alan Cox、Ingo Molnar、Al Viro、Arjan van de Venなど残りの全員)はGPLv3の使用についてマイナスの評価をした。つまりカーネル開発者の誰一人としてGPLv3の使用についてプラスの評価をしなかった。

なお、開発者たちのほぼ全員がGPLv3の使用についてマイナスの評価を表明したにも関わらず、声明文に名前を記載したのは10名のみだった。この点についてBottomleyは、声明文においてLKML上でのGPLv3についての議論の中で持ち上がった問題点のすべてを含めることが不可欠だとは思うものの、持ち上がった問題点のすべてを支持することは気が進まない開発者もいたためと説明した。