Monday, October 3, 2016 5:00AM to 11:00AM (UTC) Schedouled down time to change site domain

ターボリナックス、Cで動かす二足歩行ロボ、プログラミングの教材に

 ターボリナックス(矢野広一社長)は、アイ・ビー(本堂晃社長/COO)の技術協力により、LinuxでC言語によるプログラミング開発が可能な二足歩行ロボットキット「TurboRobo(ターボ・ロボ)」を発売すると発表した。6月30日から、Turbolinuxオンラインショップで受注を開始する。価格は未定で、35万円-40万円となる予定。
 「TurboRobo」は、大学の研究室や専門学校で、Linuxの操作やC言語によるプログラミングを学習する教材として最適なLinux版プログラミング開発キット。パソコンにリナックスOS「Turbolinux FUJI」をインストール後、USBポートに付属のBluetoothアダプタを接続し、デバイスを認識させることで、Linuxとロボットのリモートコントロールが可能になる。

 リモートコントロールに対応するため、二足歩行ロボットによる格闘競技大会「ROBO−ONE」に参加することも可能。ターボリナックスでは、TurboRoboを使用してプログラミング技術を競う「ロボットダンスコンテスト」や「ロボット徒競走」の開催も予定している。

 今回の製品化は、教育現場でLinuxクライアントの導入が拡大し、楽しみながらプログラミングを学べるLinux版プログラミング開発キットを求めるニーズに応じたもの。6月1日-3日の3日間、お台場で開催される教育関係者向け展示会「New Education Expo 2006」にも参考出展する。

ターボリナックス=http://www.turbolinux.co.jp/
アイ・ビー=http://www.ibee.co.jp/

提供:BCN